個人事業主・フリーランス必見! 業種別でわかる確定申告特集

2016/12/22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人事業主・フリーランス必見! 業種別でわかる確定申告特集

一口に「個人事業主」「フリーランス」といっても、業種はさまざま。経費の範囲も違えば、確定申告におけるポイントも違ってきます。それぞれの業種について、確定申告をする上で、どんな点に着目、あるいは、注意すべきなのか。業種別の確定申告ガイドをまとめました。


【業種別INDEX】

専門知識で勝負している人のための確定申告ガイド

専門知識が必要になる業種については、専門分野に応じて、経費の範囲や確定申告のポイントが異なります。

例えば、保険外交員の場合は、経費があまりなく、利益が非常に大きくなる傾向にあるので、早めの節税対策が必要になります。また、保険会社との契約が雇用契約によって、「給与所得」なのか「事業所得」なのかが変わってくることも特徴です。

不動産賃貸業の場合は、所得金額の計算については、原則として「総収入金額-必要経費」とシンプルなものですが、賃料などを総収入金額に計上するタイミングが重要になります。そのほか、経費として家事関連費が発生しやすい業務なので、事業相当分をしっかり区分して申告することが大切です。

通訳・翻訳家の場合は、所得税が事前に源泉徴収されているのが特徴です。確定申告で、事前に先払いしている源泉所得税を精算することになるので、経費を漏れなく計上しましょう。

保険外交員のための‪確定申告ガイド|スモビバ!‬‬

保険外交員の確定申告上の大きな特徴は、所得が給与所得に該当するものと、事業所得に該当するものがあるということ。保険外交員としての所得が事業所得に該当する場合、または給与所得と事業所得が混在している場合、確定申告の際にどのようなことに注意したらいいのか、解説します。

不動産賃貸業のための確定申告ガイド|スモビバ!

不動産賃貸業の所得の計算方法は、原則として「総収入金額-必要経費」。しかし実際は賃借人の出入りや家賃の未払い、契約の更新など、貸家にまつわる収入にはイレギュラーな要素も。不動産業の正しい総収入金額の計算方法や、必要経費の考え方について解説します。

翻訳家・通訳の確定申告ガイド|スモビバ!

翻訳家・通訳の売上である報酬からは、源泉所得税が差し引かれています。 謝礼・研究費・取材費・旅費等の名目であった場合でも、その実態が報酬と同じであれば源泉徴収の対象となります。翻訳家・通訳の方が確定申告で注意したいこのようなポイントをご紹介します。

組織に縛られない働き方をしている人のための確定申告ガイド

師匠のもとで修行を積んで、自らも独立する――。個人事業主やフリーランスのなかには、そんな組織に縛られない職人気質の働き方をしている人もいることでしょう。独り立ちするには、技を磨くことも大切ですが、確定申告の知識も身につける必要があります。

主に建設業において、独立して個人で仕事を請け負う「一人親方」。一人でできる作業は限られていますから、知人に仕事をお願いすることもあるはず。そんなときは、「外注費」となるのか「給与」となるかで、税金の支払い方も変わってきます。

また、農業で独立した場合は、販売方法が多岐にわたります。農協へ出荷することもあれば、地元スーパーへ直接卸を行うこともありますし、軒先販売などもあります。帳簿では、販売方法ごとに、補助科目を作成すれば分かりやすいと思います。

そのほかの仕事でも脱サラした場合は、独立した年の確定申告は準備不足で迎えがちです。開業準備にかかった費用については「開業費」として申告することになります。ただし、10万円以上するものは開業費に含めずに、減価償却資産にするなど、注意点がいくつかあります。ギリギリに慌てなくてよいように、準備をしておきましょう。

一人親方の確定申告ガイド|スモビバ!

建設業において、独立して個人で仕事を請け負う一人親方。 一人親方として独立すると、売上・経費を集計し、自分で確定申告を行うことが必須となります。ここでは、一人親方の方々が確定申告をする際に気を付けるべきポイント、手間のかからない効率的な経理方法などを解説します。

農家の方必見! 農業のための確定申告ガイド|スモビバ!

野菜・果樹・米など国内生産の安全な農作物の供給を求められる一方、近年では海外の農産物との競争に勝ち抜くためにも経営の確立、発展が求められている日本の農業。今回は、農業のための会計・確定申告で使用する勘定科目と注意すべきポイントについて解説します。

脱サラした人のための確定申告ガイド|スモビバ!

これから脱サラして開業することを考えている人、もしくは、脱サラして開業したはいいけど今年の確定申告のやり方がわからず不安になっている人に向け、会社を退職して開業した年の確定申告のやり方を解説します。

ネットで稼ぐ人のための確定申告ガイド

最近はネットでの収入で得る方法も多様化しています。アフィリエイトで収入を得ている人もいれば、せどりや転売で利益を出している人もいることでしょう。最近だとLINEのスタンプを作って、稼いでいる人もいるかもしれませんね。

もちろん、ネットで収入を得ている人も確定申告が必要です。ただし、ネットでの稼ぎ方によっては、注意すべき点があります。例えば、せどりや転売の場合は、出品の手数料がかかるため、入金額がそのまま売上額にはなりません。また、仕入れて在庫を持つ場合は、期末に棚卸しを行わなければなりません。

また、LINEスタンプで所得を得た場合に勘違いしやすいこともあります。それは、LINEスタンプの報酬は「著作権の使用料の対価」という名目で支払われますが、LINEスタンプ制作自体は、実質的には「デザイン料」としてみなされるということ。本の印税のように、変動所得は認められないので、高額になりそうな場合は、注意が必要です。

‪LINEスタンプ制作者のための確定申告ガイド|スモビバ!‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬

年齢、職業を問わず色々な人がチャレンジしているLINEスタンプ制作者。どんなときに確定申告をしなければならないのか、注意することはなにかなど、LINEスタンプの制作者が確定申告をするときに気をつけたいポイントを説明します。

アフィリエイターのための確定申告ガイド|スモビバ!

アフリィエイターの収入は、色々な支払先から細かい金額が入金されることが多いようです。またその変動も激しく、突然収入が増加することも。確定申告の際に困らないように準備して、将来的な節税に繋げましょう。

せどりのための確定申告ガイド|スモビバ!

Amazonやヤフオクなど、せどりや転売が気軽にできるようになりました。せどりは、きちんとした正しい知識で確定申告をすることで、還付が受けられるなどメリットを十分に得られる業種。ポイントをしっかり押さえて、正しい申告、節税を行いましょう。

クリエイティブ系の確定申告ガイド

クリティブな仕事をしている人は、もちろん、自分の作品のことを第一に考えていることでしょう。それがゆえに、税務関係が苦手な人も少なくありません。作品を作り続けるための環境を整えるためにも、しっかり確定申告を行いましょう。

作家やアーティストなど印税収入がある場合は、印税を支払う会社が「支払調書」を発行してくれるため、収入金額の把握は容易にできます。それでも支払調書だけで済ませることなく、創作に関する経費をきっちり計上しましょう。

また、大ヒットが生まれたとき、印税がたくさん入って浮かれていると、確定申告時に痛い目に遭うかしれません。変動所得の仕組みを理解して、状況に応じて活用したいところです。

同人作家として活躍している人が注意したいのが、在庫です。手元・委託先と合わせてどれだけの在庫を持っているかを把握したうえで、棚卸しを行うことを忘れずに。

ウェブライターやウェブデザイナーなど、ウェブ上で活躍するクリエイターも増えてきました。迷いがちな経費の範囲を事業との関連性で判断しながら、自宅で作業している人は家事按分も忘れずに、適切な確定申告を行いましょう。

印税収入のある業種のための確定申告ガイド|スモビバ!

主に本を出版したり作曲した歌が売れた場合に入ってくる印税。きちんと収入と必要経費を把握して所得を計算し、確定申告をしなくてはいけません。急に売れっ子になって収入が増えた場合の対策などもふくめて、印税収入がある方のための確定申告について解説します。

同人誌作家のための確定申告ガイド|スモビバ!

いまや757億円の市場規模があるという同人誌の世界。本業のかたわらで同人誌を作成・販売して、本業を上回るほどの収入を上げる方も。同人誌作家の方が確定申告を行ううえで、どのようなことに気をつければよいでしょうか。

ミュージシャンの確定申告ガイド|スモビバ!

ミュージシャンは芸術的な側面もあり、なかなか商売と結びつかないイメージがあります。しかし、その仕事で報酬を得ているからには、ミュージシャンといえども確定申告が必要になってきます。ミュージシャンが確定申告をするときに気をつけたいポイントを説明します。

WEBデザイナーのための確定申告ガイド|スモビバ!

近年注目を集めるWEBデザイナー。会社から独立してフリーランスとして仕事を受注するWEBデザイナーは、自分自身で年に一度、確定申告手続きを行い、税金納付をする行う必要があります。今回は、WEBデザイナーが確定申告を行ううえ上で気になるポイントを解説します

Webライターのための確定申告ガイド|スモビバ!

Webライターは他の業種とは少し変わった税務上の取扱いが求められます。また、Webライターならではの節税方法もあります。ここではWebライターの皆さんが確定申告で悩まないように注意すべきポイントと節税方法について解説します。

店舗経営者のための確定申告ガイド

個人事業主で店舗経営を行っている場合は、事業の規模や、設備投資などの金額が大きくなればなるほど、確定申告の重要性はより増すといえそうです。

店舗を構えるにあたって内装費もかかりますし、理美容店ならシャンプー台やサインポール、飲食店ならば厨房機器など、場合によっては10万円を超える高額な設備投資も必要になってきます。固定資産は一括で経費にならないので、確定申告のときにミスしないようにしましょう。

また、店舗での現金売上がメインになる場合は、売上にごまかしがないか、税務署のチェックも厳しくなります。売上入金専用の銀行口座を用意するなど、効率のよい経理システムを模索することが求められます。

それ以外にも、例えば、飲食店を経営していれば、食材を仕入れるときに、家庭で使うための食材も一緒に買ってしまうことが多いはず。さらに、従業員の賄いは税務上、福利厚生費になるなど、何の店舗を経営するかで、確定申告時のポイントも変わってきます。疑問点はなるべく早く洗いだして、専門家に聞くなどするようにしましょう。

飲食の確定申告ガイド|スモビバ!

飲食店は現金売上が多く、食材や飲料の仕入や経費に個人的な食費等が混在してしまうなど公私混同が生じやすいのも特徴です。ここでは、飲食店の個人事業主が確定申告で気をつけるべきポイントを説明します。

理美容の確定申告ガイド|スモビバ!

理美容は、税務署に目をつけられる可能性が高い反面、青色申告制度の特典を活用すれば、そのメリットを充分に得られる業種でもあります。3つのポイントをしっかりと押さえて、正しい申告・節税を行いましょう。

副業ための確定申告ガイド

個人事業主といっても、完全にフリーランスの人ばかりではありません。サラリーマンをしながら、副業として事業を行っている人もいるでしょう。

申告の方法としては、雑所得か事業所得です。雑所得の金額が20万円を超えた場合には、確定申告が必要となります。総収入金額から必要経費をマイナスして20万円を超えるどうかを把握しておきましょう。

青色申告を行うには、事業所得で申告を行うことになります。相当期間継続している場合は、節税効果の高い事業所得を選ぶのが得策でしょう。

サラリーマンの副業の場合、最も気になるのが「会社にばれるのではないか」ということ。「確定申告をすると、副業がバレる」という誤解も少なくありませんが、むしろ逆です。確定申告をきっちり行って、住民税の足りない部分は、特別徴収してもらうように書類に記入する必要があります。

副業がうまくいけば、独立するという考え方もあるでしょう。その間に事業の準備だけではなく、確定申告にも慣れておくことをお勧めします。

・サラリーマンなどの副業の確定申告について
・事業所得になる副業と雑所得になる副業の違い
・副業でも確定申告が必要!?雑所得の基本を知ろう
・事業所得になる副業と雑所得になる副業の違い

以上、業種や働き方別に、確定申告のポイントを紹介してきました。その業種ならではの確定申告の注意点を知ることは、その業種の特徴を知ることにほかなりません。

特に自分の業種についての確定申告上の注意点はしっかりと押さえておくこと。そのうえで、領収書の収集、整理など、今やれることからやっておきましょう!

【その他、関連記事】
・簿記初心者でも大丈夫!青色申告はすべて会計ソフトにおまかせ
・はじめての白色申告:8時間で申告書を作れなかったらビンタ(本編)

photo:Thinkstock / Getty Images

  • Misoca【初期費用・月額0円】請求書・見積書が1分で作成できる
  • マイナンバーも年末調整も弥生給与
  • 会計オンライン
  • 青色申告オンライン
  • 白色申告オンライン
  • 確定申告まとめ

閉じる

Misoca【ずっと月額0円】請求書・見積書が1分で作成できる 白色申告オンライン 青色申告オンライン 会計オンライン 弥生給与

  • このエントリーをはてなブックマークに追加