独立後に必要な契約書のチェックポイントと取引書類の管理方法

2014/01/23

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

事業開始後は、契約書や、見積書、請求書など様々な書類をやり取りすることになります。各書類の内容を理解するとともに、保存の仕方も決めておきましょう。


契約書

契約書とは、相手(取引先)と自分が、取引を行う上で互いに守らなければならない約束事を記した書類です。個人事業主の場合、契約書を作成するよりも、相手方から送られてきた契約書の内容を確認することのほうが多いと考えられます。
契約書のチェックポイントを抑え、自分にとって不利な記載がないかなどをしっかりチェックしましょう。契約書は長期にわたって効力を発揮するものだけに、「何となくわかったつもり」で契約するのは厳禁です。

契約書のチェックポイント
  ポイント 内容
固有名詞や数字に誤りがないか 屋号や商品(サービス)名、数量、金額、契約期間などの記載に誤りがないかなど
不公平な条文が盛り込まれていないか 取引先の都合で一方的に契約解除できるような条文が盛り込まれていないかなど
抜け落ちている条文はないか 契約の満了期日や更新手続きについて説明が書かれていないといったことはないかなど
契約締結までの一般的な流れ
STEP 1 取引先からドラフトを送ってもらい契約内容をチェックする。
STEP 2 契約書を2部送ってもらい、それぞれに署名・押印をする。
STEP 3 1部を取引先に返送。もう一部は金庫などで厳重保管する。

取引書類

取引書類とは、たとえばあなたが取引先に商品を納めたときや代金を請求するときなどに必要になる書類のことで、「いつ・誰と・何を・どのような金額で取引したのか」の証拠となるものです。取引内容を書面化し、記録として残すことで、取引内容に関する食い違いや金銭トラブルなどを防ぐ役割があります。
取引書類は、法律上の正式名称を「証憑(しょうひょう)書類」といい、一定期間保存しなければならないことが定められています。

取引書類の種類と流れ

取引書類の種類と流れ

取引書類の管理

取引書類の管理

中野 裕哲なかの ひろあき

中野裕哲

起業コンサルタント(R)、税理士、特定社労士、行政書士、CFP(R)。起業コンサルV-Spiritsグループ/税理士法人V-Spirits代表。年間約200件の起業相談を無料で受託し、起業家をまるごと支援。起業支援サイト 「DREAM GATE」で3年連続相談数日本一。著書・監修書に「一日も早く 起業したい人が『やっておくべきこと・知っておくべきこと』」、「図解 知識ゼロからはじめる起業の本」がある。 URL:http://v-spirits.com/

  • 【PR】 1分でキレイな請求書を作成 「Misoca」 -今すぐ無料でお試し-
  • マイナンバーも年末調整も弥生給与
  • 会計オンライン
  • 青色申告オンライン
  • 白色申告オンライン

閉じる

【PR】 1分でキレイな請求書を作成 「Misoca」 -今すぐ無料でお試し- 白色申告オンライン 青色申告オンライン 会計オンライン 弥生給与

  • このエントリーをはてなブックマークに追加