絶対に覚えておきたい起業に必要な資金繰りの5つのポイント

2014/01/23

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

独立起業1年目に不足しがちなもの。それは、お金、知識、ノウハウ、マンパワー、人脈です。特に注意が必要なのは、お金の不足。事前によく考えて対策しなければ、事業が立ちゆかなくなってしまうこともありえるからです。どのように乗り切るか、あらかじめ検討しておきましょう。


要注意なのは資金繰り

起業してから安定した売上げを上げるまでの間、お金だけが流出しつづけるという状況に置かれます。1年目のどこかで資金不足という難所を迎える可能性が高いのです。この時期をどう乗り越えるかカギです。5つのポイントをおさえておきましょう。

資金繰りの5つのポイント

資金繰りの5つのポイント

資金が足りなくなったら

独立開業すれば、いつも順風満帆というわけにはいきません。資金繰りがキツいときだってありえます。資金繰り表の予想などから、近い将来、資金繰りに行き詰まりそうだと感じたら、早めに対策することが必要です。対処法として検討すべき事項としては図のような方法があります。

資金繰りに行き詰まりそうなときの対処法(番号は検討する順序)
1.ムダな経費の徹底削減
  • ムダな固定費や水道光熱費の徹底削減
  • 交際費、交通費等の削減
  • 家賃を抑えるために引越を検討する
  • 眠っている在庫品をセール等で現金化
2.借入の検討
  • 親族などへの借入の打診
  • 金融機関への追加融資申込み等の検討
3.労務関係のテコ入れ
  • 残業を規制する
  • 賞与、給与等の削減
  • 整理解雇の検討
4.取引先への相談
  • 売掛金の早期支払いを要請
  • 支払サイトの短縮を願い出る
5.仕入先への相談
  • 買掛金の支払い延期を要請
  • 支払サイトの延長を願い出る
6.金融機関への相談
  • 借入金返済の延期(リスケ)を申し出る
  • 元金部分の返済減額(据え置き)を願い出る
中野 裕哲なかの ひろあき

中野裕哲

起業コンサルタント(R)、税理士、特定社労士、行政書士、CFP(R)。起業コンサルV-Spiritsグループ/税理士法人V-Spirits代表。年間約200件の起業相談を無料で受託し、起業家をまるごと支援。起業支援サイト 「DREAM GATE」で3年連続相談数日本一。著書・監修書に「一日も早く 起業したい人が『やっておくべきこと・知っておくべきこと』」、「図解 知識ゼロからはじめる起業の本」がある。 URL:http://v-spirits.com/

  • Misoca【初期費用・月額0円】請求書・見積書が1分で作成できる
  • マイナンバーも年末調整も弥生給与
  • 会計オンライン
  • 青色申告オンライン
  • 白色申告オンライン

閉じる

Misoca【ずっと月額0円】請求書・見積書が1分で作成できる 白色申告オンライン 青色申告オンライン 会計オンライン 弥生給与

  • このエントリーをはてなブックマークに追加