個人事業主のための開業・廃業届出書の書き方と申請

2013/11/21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

青色申告をするためには、税務署に「個人事業主として商売を始めました」という届け出をしておかなければなりません。それが「個人事業の開業・廃業届出書」です。この書類に記入する開業日が青色申告承認申請の起算点となります。


「個人事業の開業・廃業届出書」の提出

提出期限

「個人事業の開業・廃業届出書」は青色・白色問わず提出する必要があります。税務署に対して事業開始の報告をする書類です。実際には、「青色申告承認申請書」といっしょに提出するケースが多いでしょう。どちらも国税庁のホームページから印刷できるので、まとめて届け出ると手間が省けるでしょう。
また、口座開設などの証明にも使う場合があるので、必ず「控え」をもらいましょう。

都道府県などには「事業開始等申告書」を届け出

地方税の「個人事業税」を納める都道府県税事務所などに提出するのが「事業開始等申告書」。書類は区市役所で受け取るか都道府県庁のホームページからダウンロードできます。届け出をしなかったとしても、所得税の確定申告をすることにより自動的にデータがまわるので一定の所得がある人には個人事業税が課税されます。

事業開始等申告書

※書式は平成25年8月現在のものです。変更されることもあります。

●個人事業の開業・廃業届出書

個人事業の開業・廃業届出書

※書式は平成25年8月現在のものです。変更されることもあります。

出典:「大きな図ですぐわかる はじめての青色申告」 監修:宮原裕一(税理士) (C)2014 ASCII MEDIA WORKS

  • 青色申告オンライン
  • 白色申告オンライン

閉じる

青色申告オンライン 白色申告オンライン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加