スモビバ! スモールビジネス(個人事業主、中小企業、起業家)の
業務や経営にまつわる疑問や課題をみんなで解決していく場

資産の仕訳をやってみよう 会計・簿記の実践編−2

公開日:

執筆者:浜田 勝義

仕訳のルールは暗記できましたか。はじめての人は、
「資産の増加が『借方』なのに、どうして収益の発生は『貸方』なんだろう」などといった疑問が頭の中をかけめぐっているかもしれません。
でも、気にしないでください。
とにかくルールなので、丸ごと暗記するよう努力してみましょう。
本節では、資産の勘定科目を中心に仕訳を行ないます。
実際に自分の手を使って仕訳をやってみましょう。



現金を普通預金口座から引き出す仕訳

資産のなかでも代表的な現金と普通預金から見ていきます。

«取引例1»
普通預金から現金50,000円を引き出した。

取引の仕訳は次の手順で行います。

  1. まず、取引から2つ以上の勘定科目を探します。この取引では「現金」 と 「普通預金」 の2つですね。
  2. 次に、現金と普通預金が、資産・負債・純資産・収益・費用という5つのグループのうちどれに属するか考えます。
    現金→資産グループ   普通預金→資産グループ
    どちらも資産グループですね。
  3. そして、現金と普通預金がそれぞれ、増えたのか、減ったのかを読み取ります。
    普通預金から50,000円を引き出したので、手許の現金が増え、普通預金の残高は減りますね。
    現金 → 増加    普通預金 → 減少
    つまり、現金という資産が増加すると同時に、普通預金という資産が減少しています。

これを、仕訳のルールにしたがって仕訳してみましょう。資産の増加は借方なので左側に、資産の減少は貸方なので右側に記入します。

「伝票-1」

仕訳のルール左右4つのうち、資産の増加と資産の減少という組み合わせの取引です。

「借方・貸方−1」

土地を購入する仕訳

資産が増加・減少するケースはよくあります。次の取引はどうでしょう。

«取引例2»
店舗の駐車場として使うため、土地を8,000,000円で購入し、代金は現金で支払った。

  1. 勘定科目は
    「土地」 と 「現金」ですね。
  2. 両方とも資産に属する勘定科目です。
  3. 土地が自分のものとなり、一方で現金が減少しています。

「伝票-2」

これも資産どうしが入れ替わる取引ですね。

「借方・貸方−2」

商品を現金で販売する仕訳

商品の売上げについて見てみましょう。

«取引例3»
300,000円の商品を売上げ、代金は現金で受け取った。

  1. 勘定科目は
    「現金」 と 「売上」 ですね。
  2. 現金は資産ですが、売上は収益の勘定科目です。
    現金 → 資産    売上 → 収益
  3. 現金の入金があり、それは売上があったからなので...

「伝票-3」

この取引は、資産の増加と収益の発生という組み合わせです。

「借方・貸方−3」

このように、すべての取引は、仕訳のルールの<借方4つ>と<貸方4つ>のうちのいずれかの組み合わせにより、必ず左右に区分けできるのです。

次節では、さらに負債と純資産が登場する取引を見ていきます。

  • 青色申告オンライン
  • 白色申告オンライン
  • 【PR】 1分でキレイな請求書を作成 「Misoca」 -今すぐ無料でお試し-
  • マイナンバーも年末調整も弥生給与
  • 会計オンライン
  • 確定申告まとめ

閉じる

【PR】 1分でキレイな請求書を作成 「Misoca」 -今すぐ無料でお試し- 白色申告オンライン 青色申告オンライン 会計オンライン 弥生給与

この記事の執筆者

浜田 勝義
浜田 勝義

専修学校・大学講座・企業研修において、簿記入門講座や簿記検定1~3級の講師を務める。ポイントを絞ったわかりやすい解説と、丁寧な指導には定評がある。簿記学会会員。元全国経理学校協会の簿記能力検定試験作問委員。簿記入門編として、かんき出版の「はじめての人の簿記入門塾--まずはこの本から!」(単行本)などがある。

この執筆者の他の記事を見る