スモビバ! スモールビジネス(個人事業主、中小企業、起業家)の
業務や経営にまつわる疑問や課題をみんなで解決していく場

事業計画書はなぜ必要?融資のためだけじゃないその理由

公開日:

執筆者:吉井 英人

「起業するならまず事業計画書をつくりなさい」というのはよく聞く話です。ではなぜ事業計画書が必要なのでしょうか。融資の審査、アイデアの整理、第三者への説明、事業継続のための金銭面の管理。創業時につくる事業計画書にはいくつもの役割があります。



融資は一側面!自分自身のために必要なもの

創業時につくる事業計画書は、現実的な側面でいえば、お金を借りるために必要です。私の経営する税理士事務所には、新規開業の方がたくさんご相談にいらっしゃいます。その際、「融資を受けたいのですが、事業計画書が必要といわれまして......」という方がいます。金融機関に融資の相談にいって、事業計画書がなくて門前払いをくらってしまったケースです。

たしかに融資には事業計画書が必要ですが、融資を受けるためというのは事業計画書の一側面に過ぎません。鶏が先か卵が先なのか。本来は融資の相談にいくことよりも、事業計画書をつくることの方が先なのです。
事業計画書は事業を継続させていくためのもので、そもそもは自分のためにつくります。自分の頭の中にあるさまざまな事業アイデアを整理して、紙に落とし込みます。この作業により、足りなかった部分、深掘りすべき箇所を洗い出すことになるのです。

こうしてつくり上げた事業計画書は、自分のビジネスプランを他の人に説明する際に役立ちます。

迷ったときの道しるべとなるもの

迷ったときの道しるべとなるもの

事業計画書の本質は、事業を成功させるための羅針盤だとよくいわれます。起業してすぐ軌道に乗って順風満帆というのはレアケースです。売上が上がらない時期が続いて、くじけそうになることの方が多いのです。これからどういった施策を取ればいいのか迷ったとき、最初に考えていた自分のアイデアに立ち返ることで答えが見つかることもあるのです。

事業がうまくいっていないときというのは、当然ながら資金繰りが厳しくなります。どんな人でもお金がなくなってくると、冷静な判断ができなくなります。あとから振り返って、なぜあんな不合理な選択をしたのだろうと思うこともあるのです。そんなとき、事業計画書が重要な役割を果たします。自分が練り上げたビジネスプランを再確認し、問題点を洗い出せば、進むべき道が見えてくるはずです。

事業を継続させるための予実管理

さらに事業計画書の大きな役割のひとつに予実管理があります。立てた事業計画と実際の実績を見比べて、達成率をチェックしていきます。計画や予測に対して実績が下回り続けるようであれば、事業継続は難しくなります。実績を上げるために、対策を考えなくてはいけません。予実管理がしっかりできていれば、問題点を素早く見つけ出せるので、対策を講じるにしても複数の選択肢から選べる可能性が高いです。

資金がなくなってからでは、対策を講じることができなくなります。

  • 青色申告オンライン
  • 白色申告オンライン
  • 【PR】 1分でキレイな請求書を作成 「Misoca」 -今すぐ無料でお試し-
  • マイナンバーも年末調整も弥生給与
  • 会計オンライン
  • 確定申告まとめ
  • 弥生会計 オンラインが初年度0円 起業家応援キャンペーン

閉じる

【PR】 1分でキレイな請求書を作成 「Misoca」 -今すぐ無料でお試し- 白色申告オンライン 青色申告オンライン 会計オンライン 弥生給与

この記事の執筆者

吉井 英人
吉井 英人

神奈川県茅ヶ崎市で平成24年3月吉井英人税理士事務所を開業。敷居が低く、気さくに話せる事務所をモットーに、茅ヶ崎市を含む湘南地域の中小企業・個人事業主の会計・税務・コンサルティングを行っている。

税理士の仕事は、「経営者の良き相談相手」になることである、と考え、お客様の夢(事業)に寄り添って、応援・サポートできる税理士、共に事業を成長させる税理士を目指して日々活動中。

この執筆者の他の記事を見る

事業計画

事業計画

新しく事業を起こす際に、必ず策定しておきたいのが「事業計画」です。その事業に対しての数値目標や経営方針・戦略などを具体的な指標にしておくことで、事業を継続させるための金銭面の管理や行動計画を明確にし、出資者や業務提携する人の理解を助けることにもつながります。