スモビバ! スモールビジネス(個人事業主、中小企業、起業家)の
業務や経営にまつわる疑問や課題をみんなで解決していく場

独立する前に覚えておきたい起業するまでの流れと必要事項

公開日:

執筆者:中野 裕哲

構想が固まったら、いよいよ起業の準備です。まずはざっくりとした流れとスケジュール感をつかみましょう。一日も早く売上を上げるためにもスピード感をもって準備を進めたいものですね。



個人事業で起業する際のおおまかな流れ

個人事業で起業するための流れは、大きく分けると

1.誰に何をどのように売るかの決定
2.事業の具体的な計画を練る
3.事業開始の環境を整える
4.届出を出す/事業に必要なものを揃える

準備期間を含め、起業の前後3カ月間はやることがたくさんあります。効率的に準備を進めたいですね。全てを自分で抱え込まず、誰かに任せられること・外注すべきことと、自分にしかできないことを選別し、合理的に進めていきましょう。

起業カレンダー

起業カレンダー

  • 青色申告オンライン
  • 白色申告オンライン
  • 【PR】 1分でキレイな請求書を作成 「Misoca」 -今すぐ無料でお試し-
  • マイナンバーも年末調整も弥生給与
  • 会計オンライン
  • 確定申告まとめ

閉じる

【PR】 1分でキレイな請求書を作成 「Misoca」 -今すぐ無料でお試し- 白色申告オンライン 青色申告オンライン 会計オンライン 弥生給与

この記事の執筆者

中野 裕哲
中野 裕哲

起業コンサルタント(R)、税理士、特定社労士、行政書士、CFP(R)。起業コンサルV-Spirits/中野裕哲税理士・社会保険労務士・行政書士事務所代表。
V-Spirits
年間約300件の起業相談を無料で受託し、起業家をまるごと支援。起業支援サイト「DREAM GATE」で3年連続相談数日本一。著書・監修書に『一日も早く起業したい人がやっておくべきこと・知っておくべきこと』(明日香出版社)、『オールカラー個人事業の始め方』(西東社)がある。

この執筆者の他の記事を見る