スモビバ! スモールビジネス(個人事業主、中小企業、起業家)の
業務や経営にまつわる疑問や課題をみんなで解決していく場

消費税増税前にやっておきたい3つのこと

公開日:

執筆者:柳原つつじ

消費税増税前にやっておきたい3つのこと

来年、2014年(平成26年)の4月から消費税が上がり、5%から8%に増税されます。消費税増税までもう間もなくですが、準備はできていますか? 直前でバタバタしないためにも、やれることはやっておきましょう。今回は「消費税増税の前にやっておきたいこと」を紹介したいと思います。



POINT
  • カタログやチラシなどの価格表示は総額ではなく税抜きでもOK!
  • 納税資金と運転資金をきっちり分離しておこう。
  • 定期券、新幹線のチケット、回数券の購入は3月までに

価格表示を見直そう

消費税増税で、気をつけたいのが価格表示。値札の価格表示を変えるのはもちろんですが、この年末にカタログやチラシなどを作成する場合は、4月以降のことを頭に入れておいたほうがよいでしょう。消費税増税前の今の時期が中途半端で一番困るのですが、今後も消費税率が短いスパンで変更されるため、いくつか特例が認められています。

まず、税抜価格での表示が可能です。総額表示だと消費税が変わるたびにラベルを貼り直すなどの対策が必要ですが、「商品価格980円+税」のように、消費者に誤認されない範囲であれば、外税表示が2013年(平成25年)10月1日から認められています。

また、施行日の前も使うカタログやチラシに関しては、事前にカタログやチラシの表示を「5%から8%」や「税込価格から税抜価格」などに変更することができます。必要な作業量と、お客さんにとっての分かりやすさと天秤にかけながら、どのかたちがベストか検討してみましょう。

資金繰りに注意!

消費税増税は、資金繰りに影響を与えることもあります。通常、預かった消費税は、納税資金として納付するまで手元に残っているはずです。しかし、実際はすべて運転資金として使ってしまっているケースも少なくありません。その場合、消費税率が5%から8%になると、消費税の納税額は1.6倍になることを十分考慮しておかないと、運転資金が足りなくなる事態にも陥りかねません。この増税を機会に、納税資金と運転資金をきっちり分離して、納税額が消費税増税によってどれくらい増えるのかを把握しておきましょう。

また、請求書や納品書などにも気をつけましょう。もし、請求期間が施行日をまたぐ場合や、請求書の締日を月末締め以外にしている場合などは、旧・消費税率の5%で請求する分と新・消費税率の8%で請求する分を区分することも必要になってきます。

定期券、新幹線のチケット、回数券を購入しておこう

大きな買い物を3月31日までに済ませておくことは鉄則ですが、4月以降も間違いなく使うもので先払いできるものは払っておきたいところ。定期券や新幹線のチケット、回数券は3月31日までに購入しておけば、4月1日以降に利用しても消費税5%のままです。毎年あるイベントへの出張や、普段の移動に新幹線のチケット、回数券や定期券を使用している場合は、増税前に早めに購入しておくとよいでしょう。

以上、増税前にやっておくべきことを3つ、ご紹介いたしました。消費税が上がってから思わぬ出費に苦しむことのないように、先手先手の行動を心掛けましょう。

photo:Thinkstock / Getty Images
  • 青色申告オンライン
  • 白色申告オンライン
  • 【PR】 1分でキレイな請求書を作成 「Misoca」 -今すぐ無料でお試し-
  • マイナンバーも年末調整も弥生給与
  • 会計オンライン
  • 確定申告まとめ

閉じる

【PR】 1分でキレイな請求書を作成 「Misoca」 -今すぐ無料でお試し- 白色申告オンライン 青色申告オンライン 会計オンライン 弥生給与

この記事の執筆者

柳原つつじ
柳原つつじ

出版社勤務を経て、フリーエディター、コラムニスト。歴史、伝記・評伝、経営、書評、ITなどを得意ジャンルとして、別名義で著作多数。ここでは、脱サラフリーランスならではの視点で、お役立ち情報をお届けしたいと思います。

この執筆者の他の記事を見る