オウケイウェイヴ 兼元社長「まずはやってみる。失敗すればその分だけ成功の確率は上がる」

公開日:

執筆者:千葉はるか(Panchro.)

「肩の力を抜いて、まずはやってみる。失敗すればその分だけ成功の確率は上がる」株式会社オウケイウェイヴ代表取締役 兼元謙任社長インタビュー

利用者が相互に質問や疑問を投稿したり回答したりするQ&Aサイト「OKWave」。同サイトを運営する株式会社オウケイウェイヴの兼元謙任社長。大学卒業後にデザイナーとして就職した後、転職、ボランティア活動への邁進、退職、上京、2年間のホームレス生活を経て起業に至ったという異色の経歴の持ち主だ。99年に創業すると、06年には株式上場を果たし、08年には米マイクロソフトと資本・業務提携するなど快進撃を続ける。そんな兼元社長に、創業のきっかけや、起業を目指す人へのアドバイスなどを伺った。



インターネットの掲示板で非難され、Q&Aサイトの着想を得る

兼元社長がQ&Aサイトの着想を得たのは、ホームレス時代のことだった。公園で寝泊まりしながら中古のノートパソコンを使って細々と仕事をしていた氏は、あるとき取引先から「ホームページを作ってほしい」という依頼を受けた。だが作り方がわからず、ネットの掲示板に質問を投稿。すると「聞き方がなっていない」などと非難されてしまったのだという。

兼元謙任社長「きちんと質問に答えてくれるサイトがあればいいのに、と思ったとき、もともと自分が持っていた問題意識とつながったんです。私は家庭のことで、子供の頃にいじめにあった経験があります。また、幼少期から病弱で、高校まで入退院を繰り返す生活を送っていました。『何が問題で、何がその解決策か』を真摯に交換して共有できる場があれば、いじめや病気の悩みはもちろん、さまざまな問題を解決できるのではないかと考えたわけです」

Q&Aサイトを作るため、最初は企画書を作って企業に持ち込んでいたのだ。しかしある人から「そんなにやりたいなら、人に頼らず自分でやってみなさい」と言われ、会社設立を決意したのだ。兼元社長にとって重要だったのは、起業するかどうかより「自分がやりたいことをやれるかどうか」であり、起業はやりたいことを実現するための手段だった。

「私は『起業したいのですが......』と相談されることが少なくありません。そんな時は、まず『自分がやりたいことを見つけることが重要』とお話ししているんです。私のようにずっと持ち続けていた問題意識からやりたいことを見つける人もいるでしょう。もし見つからないなら、不満に思っていることや、やりたくないことを探して、それをひっくり返してみるんです。たとえば最近あったことで言うと、私の息子が『アルバイト先のリサイクルショップで中古洗濯機の洗濯槽を外してしっかり洗うと高く売れる』と話していました。洗濯槽はドロドロに汚れているので誰も掃除をやりたがらないそうですが、息子はその掃除を買って出て販売成績を上げたわけです。バイト先の販売記録を作ったことでモチベーションが上がり、今はトップを目指していると言います。不満なことや、やりたくないことの裏側には、それを解決する、やりがいのある仕事が隠れているものなんですよ」

好き嫌いではなく"Why"を重視する

兼元社長が言う「やりたいこと」は、「好きなこと」や「ワクワクすること」とは少し意味が異なる。突き詰めるなら、それは「なぜ生きているのか」という問いに対する答えに行き着くものであるべきだというのが、兼元社長の考えだ。

兼元謙任社長「楽しめることを仕事にするというのも、もちろん正しいと思います。でも、重要なのは好き嫌いよりも"Why"なんです。私自身、OKWaveを始める前は"Why"に対する答えが明確ではありませんでした。しかし、自分の根本的な思いとして、『差別をなくす』ということがやりたかったんだと気付いてからは、何をやるにしても『これは差別をなくすことにつながるかどうか』を考えて判断できるようになりました。なぜ自分が生きているのかを考え、自分のミッションステートメントを作れば、たとえ仕事で大変な目にあって楽しいと思えないときも『それでもやるべきだ』と気持ちを強く持つことができるんです」

>>NEXT OKWaveのミッションを定義。
「"ARIGATO"で世界をつなぎ幸せで満たす」とは?
1  2
  • 青色申告オンライン
  • 白色申告オンライン
  • 【PR】 1分でキレイな請求書を作成 「Misoca」 -今すぐ無料でお試し-
  • マイナンバーも年末調整も弥生給与
  • 会計オンライン
  • 確定申告まとめ
  • 弥生会計 オンラインが初年度0円 起業家応援キャンペーン

閉じる

【PR】 1分でキレイな請求書を作成 「Misoca」 -今すぐ無料でお試し- 白色申告オンライン 青色申告オンライン 会計オンライン 弥生給与

この記事の執筆者

千葉はるか(Panchro.)
千葉はるか(Panchro.)

2000年に日経ホーム出版社(現日経BP社)入社。金融情報誌、デジタル情報誌の編集部で編集記者職に従事。2006年にリクルートに転職し、新卒向け就職情報誌の編集を手がける。2008年、エディトリアルデザイナー兼イラストレーターの姉とともに会社を設立し独立。フリーのライター・編集者として書籍、雑誌、ウェブサイト等の制作に携わっている。

この執筆者の他の記事を見る