その立地で大丈夫?事前に必ず確認するチェックポイント

2014/05/27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
その立地で大丈夫?事前に必ず確認するチェックポイント

個人事業主の方のなかには、店舗でビジネスを行っている人、あるいは、行おうとしている人も少なくないでしょう。そのときに、最初のハードルとなるのが開業する立地の選択です。開業したい時期が決まっている人はどうしても物件をあせって選んでしまいがちですが、立地は一度決めると変えるのが困難です。契約の判を押す前にもう一度、ポイントを押さえておきましょう。


POINT
  • アクセスがよいかどうか
  • 人通りの多いエリアは最適なのか
  • 競合の分析

アクセスが良いかどうかをどう判断する?

基本的なことですが、立地や物件を選ぶにあたって、大切なのは、アクセスが良いところかどうか、ですね。もちろん、ターミナルの駅が近いとそれだけ家賃も高くなってしまいますが、都心であれば、地下鉄沿線は狙い目といえるでしょう。中心部へのアクセスがよいことが多く、複数の線が通るところを選べば、ターゲット顧客が広がる可能性があります。また、JR沿線よりも家賃の相場が下がるため、何かとチャレンジしやすいのではないでしょうか。

一方、地方で開業するならば、車が停めやすいかどうかがポイントといえます。物件の近くに駐車場があるかどうかや、どれくらいの台数があれば自分の店とバランスが取れるか、などは、集客数を割り出す上でも重要です。また、周辺に立ち寄りたくなるようなランドマークなどの施設があればさらに、物件はより有利といえるでしょう。自分の店だけでなく、周辺地域との連携で「何ができるか?」といった視点を持っておくことも大切です。

人通りの多いところで失敗しないために

開業するに際して、もう一つ気になるのが人通りです。しかし、1回限りの下見では本当の人通りは分かりません。平日と土日、祝日では人通りがどれだけ変化するのか、また、雨の日はどうなのか、昼と夜ではどう違うのか、など条件を変えてチェックしていけばオープン後に失敗した、というようなリスクは避けられるのではないでしょうか。

さらに、繁華街にはデメリットがあることも忘れずに。人の行きかう大通りに面していると入りにくいと感じる女性のお客様もいらっしゃいます。また、騒々しいだけでなく、街自体の治安がよくないといったことも考えられます。サービスの内容やターゲットとする客層を思い浮かべながら、まずは、自分の出す店としてふさわしいかどうかをイメージしてみてはいかがでしょう。

競合店をどう分析する?

そして、最後は、出店の決め手ともいえる周辺の競合店についてです。

ここでお伝えしたいことは、競合店を避けて一人勝ちするパターンというのもありますが、「競合店が多い=ダメ」ということではありません。

たとえば、見通しのよい交差点の角などにコンビニの繁盛店が出現すれば、すぐ100m四方に、競合のコンビニが出店するといわれています。マーケット的に成功している立地には、必ず、潜在顧客が眠っているのだそうです。また、都内のある街では、人気ラーメン店がひしめきあうように乱立していますが、「ラーメンのおいしい店が多い街」という印象が定着しているため、その街で出店すれば話題となり、「まずは試してみようか」ということで、一度は、ラーメン好きのお客様が来店されるそうです。

継続的にお客様が来店されるかどうかは、その店の実力次第といえるのかもしれませんが、まずは、競合分析したうえで、これから出すお店にとってプラスになるのか、マイナスになるのかを判断してみてはいかがでしょうか。

以上、立地選びのポイントでした。
物件選びの労力は、決して小さいものではないかもしれませんが、創業期における楽しみといえるものなのかもしれません。みなさんにとってよい物件と出会えることを願っています。

photo:Thinkstock / Getty Images

  • 【PR】 1分でキレイな請求書を作成 「Misoca」 -今すぐ無料でお試し-
  • マイナンバーも年末調整も弥生給与
  • 会計オンライン
  • 青色申告オンライン
  • 白色申告オンライン

閉じる

【PR】 1分でキレイな請求書を作成 「Misoca」 -今すぐ無料でお試し- 白色申告オンライン 青色申告オンライン 会計オンライン 弥生給与

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の執筆者

柳原つつじ
柳原つつじ

出版社勤務を経て、フリーエディター、コラムニスト。歴史、伝記・評伝、経営、書評、ITなどを得意ジャンルとして、別名義で著作多数。ここでは、脱サラフリーランスならではの視点で、お役立ち情報をお届けしたいと思います。

この執筆者の他の記事を見る