ミューズ・ブランディング・アカデミー谷澤代表 「内面にある美しさを引きだすのが私の仕事」

公開日:

 「ブランディングとは、内面にある美しさを引き出すこと」 ミューズ・ブランディング・アカデミー代表谷澤史子さん

その人にふさわしいファッションやメイクアップ、身のこなし、表情など、個人の魅力を外面に引き出すプロフェッショナルがいる。ミューズ・ブランディング・アカデミーの代表取締役社長、谷澤史子氏だ。女子美術短期大学のデザイン科を卒業後、大手アパレル商社に就職。しかし、転職を経験。受付、営業職、会社役員等、さまざまな職歴を経て、05年からイメージコンサルタントとしての道を歩み始めた。現在は、独自のメソッドを用いて、OLからビジネスマン、起業家、政治家までの幅広い層にコンサルティングを行う。精力的に後進の育成にも力を注いでいる谷澤氏に、起業家としてキャリアアップや、イメージづくりの技術について伺った。

  


目に見えないものを売り込むときこそ第一印象が鍵

谷澤さんがイメージ戦略のはじめの一歩として取り組んでいるのは、「第一印象を良くする」技術だ。どんなに格好が良くても、美しくても、感じが悪ければ人の心は動かせない。特にビジネスの現場では初対面でいかに好印象を与えるかが重要だと谷澤さんは言う。

「たとえば、デザイナーやカメラマン等、クリエイティヴな職種の場合、売り込まなければいけないのは「素質」や「才能」だと思いがちですが、クライアントが見ているのは初対面の印象。印象が悪ければ、またその人と会いたいとは思いませんね。」谷澤さんによれば、人が初対面で相手を判断する基準は、視覚が55%、38%が声の調子や話し方で、話の内容は7%だそうだ。やはり、初対面で人が注目するのは、見た目。では、初対面の相手に自分の魅力を伝える具体的な手段とはどういうものなのか。谷澤さんは、「色」、「形」(洋服のデザイン)、「動き」(しぐさ)の組み合わせが重要だと説く。

_MG_2685-1.jpg

「そのなかでも視覚が最初に認識する「色」には色彩心理がある」という。「一瞬でその人の全体の雰囲気を伝える効果があります。例えば、占い師さんはよく紫を着ますね。紫は色彩で言うと「思考」という考える色であり、「非現実」というイメージでもあります。占いという演出のために紫という色は有効的です。着ている服の色によって相手に与えるイメージが決まるのです。」というのだ。

内面の美しさを外見に引き出すことが自信につながる

お店の場合でも、店主の第一印象は売り上げに大きく左右するという。「例えば、魚屋さんの店主に元気がなければ、魚の鮮度も悪く感じてしまいますよね。ものすごくおしゃれな文房具を扱っている店の店主がダサかったら、お店に並んでいるものもオシャレに見えなかったりします。だから、お店というのは、商品と店主が同化していなければいけない。お店で扱っているものと雰囲気が合ってなければならないのです」

また、クリエイターの場合、その職業らしい服装をするのは大事なことだが、「社会的地位を築いていないうちは、奇をてらいすぎないほうがいい」と谷澤さんはいう。

_MG_2697-1.jpg

「派手すぎたり、自己主張しすぎたりする洋服は、自分本位で相手がどう思うかまでは考えていないということ。「この人は、良い仕事をするかもしれないけど、人の心を読むことは出来ないな」と思われてしまいます。一流や有名にでもなれば個性的なファッションでも良いんですが、そこに行くまでには、相手に合わせることはとても大事。堅いお仕事をしている会社で、社員の方がネクタイをしているところに行くのであれば、せめてそこで浮かない服装にする。さらに、表情。どんなに不機嫌になることがあっても、これから会う人のことを考えたら、自分の不機嫌なんて隠したほうが良いと思いますよね。」

谷澤さんの言う「見た目」とは、内面からにじみ出てくる人としての「魅力」のことだ。初対面の時にTPOにのっとった洋服を選んだり、感じの良い表情やしぐさが出来たりするのは、相手に対しての心遣いの現れ。本来、心の中は目に見えないものだが、そういった気遣いは外面にも現れなければいけないと、谷澤さんは考えている。

_MG_2667-2.jpg

「どの人にもその人自身の良さがあります。それをうまく外面に引き出せば自信につながりますし、見た目を変えれば内面が変わるということがあるんです。起業家になろうとか、事業を起こそうという人にとっては、人間的な魅力を引き出すために形から入るというのは、有効な手段です。自信や魅力が外面に現れ、第一印象が良くなれば、結果的にチャンスを引き寄せることにもつながります。」「できそうなところから少しずつ変えていけばきっと、効果は現れますよ。」と谷澤さんは笑顔で締めくくった。

谷澤史子たにざわふみこ

谷澤史子

1989年女子美術短期大学卒業。独自のメソッドで、OL・ビジネスマンから起業家や政治家まで幅広いニーズに対応したコンサルティングとコーポレートブランディングを行っている。東京・名古屋・千葉・横浜でイメージコンサルタントの養成講座を開催。おもな著書に、「一瞬で好かれる初対面の技術」(すばる舎)「イメージコンサルタントが教える 第一印象で売る!信頼と共感の接客術」(同文館出版)などがある。

1  2
  • 青色申告オンライン
  • 白色申告オンライン
  • 【PR】 1分でキレイな請求書を作成 「Misoca」 -今すぐ無料でお試し-
  • マイナンバーも年末調整も弥生給与
  • 会計オンライン

閉じる

【PR】 1分でキレイな請求書を作成 「Misoca」 -今すぐ無料でお試し- 白色申告オンライン 青色申告オンライン 会計オンライン 弥生給与

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の執筆者

大橋美貴子
大橋美貴子

求人情報誌、音楽フリーペーパーの編集者を経て、1995年よりフリーのライターに。アーティスト本や自叙伝、音楽雑誌&サイト、ファッション誌にて、アーティストやタレント、文化人等の人物インタビューを中心に行う。料理、手作り、歴史、絵画鑑賞、インテリア等、趣味から派生したお仕事も多数。

この執筆者の他の記事を見る