コラボラボ 横田社長「彼女たちが輝く瞬間をもっとたくさん見たい」

公開日:

執筆者:宗像幸彦

コラボラボ 横田社長「彼女たちが輝く瞬間をもっとたくさん見たい」

帝国データバンクの集計によれば、1990年には全体の4.5%だった女性社長の割合は、2014年になると7.4%にまで増加した。こうした傾向を反映してか、安倍内閣は「2020年に指導的地位を占める女性の割合を30%にする」ことを成長戦略のひとつに挙げ、様々な取り組みが行われている。そんな中、2006年の起業時から一貫して女性に特化した起業支援を続けてきたのが、株式会社コラボラボの横田響子社長だ。コミュニティサイト「「女性社長.net」や、300人の女性社長が集まる大イベント「J300」を事業の軸に据え、大企業と結ぶマッチング事業や、商品開発や販促プロジェクトを手がけている。いったい女性をとりまく起業状況はどうなっているのだろうか。この10年間、現場に携わり続けてきた横田社長が語る、女性起業家たちの最新事情とはー。



女性社長はちょっと支援するだけでどんどん前へ進む

------横田社長は新卒でリクルートに入社後、28歳で退社されたんですね。やはり「なるべく若いときに独立を」という考えがあったんでしょうか。

就職以前から、「面白いものと面白いもの掛け合わせられたらいいなぁ」という考えはボンヤリありました。ただ、当時のリクルートは30歳まで勤めれば退職金1千万円がもらえるのに、周りからは「目前で辞めるなんてバカだなぁ」と言われて。親友くらいしか応援してくれる人もいませんでしたけど、自分は自分で「1千万円くらい自分で稼ぐわ」って意地を張ってました。独立後2年間売上げが立たなくても食べていけるくらいの蓄えはあったし、会社員時代に買っていたマンションを事務所にすれば何とかなるかって・・・。

a003_1.jpg

そういえば、去年初めてリクルート時代の同期から仕事もらったときは感動しましたよ。「やっとあんたたち決裁権もらったんだね!」って(笑)。28歳で辞めたときはそんな状況なんかまったく考えられなかったので。

------退社後は1年半ほどフリーランスの期間を経て、コラボラボを設立されています。事業の軸となる登録制のコミュニティサイト「女性社長.net」では、事業主の検索からリリース情報、インタビューやブログ、セミナーに至るまで女性社長のインデックスのような内容になっていますが、そもそもなぜ女性に特化した事業を始めたんですか。

リクルート時代にいろんな経営者の方と接する機会があったんですが、女性の経営者ってちょっと支援するだけでどんどん前に進んでいくし、伸びしろも大きい。男女問わず経営者は決断する生き物。だから、一般の女性より女性経営者を応援したいと決めました。世の中にもっと女性社長を増やして応援していくことで「彼女たちが輝いていく瞬間をもっとたくさん見たい」と思ったのがいちばんの動機ですね。

大企業にとっても、女性社長は大きな商機につながる

--------会社設立3年後の2009年には、女性社長が一堂に会するイベント「J300」を開催されましたが、やはりネットだけではなく、"リアルなつながりも大事"ということでしょうか。

そうですね。ウチの会社の場合、まずウェブ上で陳列して、それでもなかなか信用度が高まらないから、リアルに集まるしかないと思ったんです。しかも100人じゃありがちでも300人ならインパクトあるだろう!と、すごく単純な考えで。

でもやってみるともう何から何までわからないことだらけで、本当に大変でしたね。スポンサーも決まってないのに表参道ヒルズを会場に押さえたり、男性のゲスト出演者も呼ぶつもりだったんですが「竹中平蔵さんが決まったら面白いよなぁ」って思って、ダメ元でオファーしたらすんなり決まったりして、これはもう走り切るしかないなと。

だから、私の場合はいつも先に「こうなったらいいな」という世界観を描いて、そこに現実を追いつかせる感じですね。

a002_1.jpg

ただ、やっぱりイベントはやるだけじゃなく成果があってこそなので、単なる「名刺交換会」にならないよう、5年目からは内閣府の助けも借りつつ、上場企業と女性経営者をつなぐマッチング事業にも取り組んでいます。

------女性社長たち独自の視点は、むしろ大企業側にとっても大きな商機につながるのでしょうね。

コラボラボに行けば、アイデア練ってくれそうな女性社長がいっぱいいるぞ」というのが浸透してきているのはありがたいですね。実際、これまでウチが関わらせていただいた事例で「女性アスリートのための汗で流れないUVクリーム」など、女性社長ならではの商品開発のプロジェクトが生まれています。

>>NEXT "乗り切ったあとが強いのは女性社長"
堅実さで堅調を維持
1  2
  • 青色申告オンライン
  • 白色申告オンライン
  • 【PR】 1分でキレイな請求書を作成 「Misoca」 -今すぐ無料でお試し-
  • マイナンバーも年末調整も弥生給与
  • 会計オンライン
  • 確定申告まとめ
  • 弥生会計 オンラインが初年度0円 起業家応援キャンペーン

閉じる

【PR】 1分でキレイな請求書を作成 「Misoca」 -今すぐ無料でお試し- 白色申告オンライン 青色申告オンライン 会計オンライン 弥生給与

この記事の執筆者

宗像幸彦
宗像幸彦

1970年、熊本県天草市生まれ。東京外国語大学卒業後、出版社勤務を経て、2001年よりフリーランスの編集者・ライターとして活動中。主に扱うジャンルは、音楽、旅、街歩き、農業など。30代には数年間、タレント事務所の雇われ社長としてマネージメント業務を経験。twitter:@muna_yuki

この執筆者の他の記事を見る