個人事業主・フリーランス必見!経費にできるものをまとめました

最終更新日: 公開日:2015/06/25

執筆者:スモビバ!編集部

個人事業主・フリーランス必見!経費にできるものをまとめました

「今年こそ経費をきっちり計上しよう」......確定申告の直後は、そんな決意をした人も少なくないと思いますが、日々実践できていますか? 今回は個人事業主やフリーランスの方が知っておきたい経費に関する記事をまとめてみたので、今一度チェックしましょう!


押さえておきたい経費の考え方

そもそも経費とは、どんな費用のことをいうのでしょうか? まずは、経費のルールをきっちりと押さえておきましょう。

「確定申告の疑問」を税理士にズバリ聞いた!第4回経費編

IMG_2965_m(1002).jpg "岸田 続いてのケースは「1人でスタバで仕事をしながらコーヒーを飲みました。このときのコーヒー代は経費になる?」のかという。
宮原 私は経費にしてもいいと思います。ただ、税理士さんによっては「まったくダメ」という人もいるかもしれませんね。"

→詳細を読む

経費とはなんだろう?

84516945 _m.jpg "一時期、個人事業主の場合は、「なんでも経費になるぞ!」なんて噂を聞きました。ただし、前述のとおり生活に関係する費用まで「経費」に認められるわけはありません。「経費」になるものとならないものには、基本ルールがあります。ぜひ、基本ルールを覚えて間違いのない処理を行いましょう。"

→詳細を読む

経費の計上漏れはありませんか。確定申告前にもう一度見直そう!

86513570-m.jpg "当たり前のことですが、経費として計上できるものは、事業に関連したものに限られます。具体的には、直接的、または間接的に、売上を獲得しようとして支出したものかどうかが判断基準となります。"

→詳細を読む

個人事業主が覚えておきたい領収書の貰い方と整理の仕方

tax-return-thumb-230x184-161.jpg "支払いの証明になる領収書は、取引内容を入力して青色申告をすませたあとも7年間の保存義務があります。"

→詳細を読む

事業の経費にできるもの

次に、どんな費用が経費になり得るのかについて、具体的に挙げていきます。「え、そんなものまで!?」というものもあるかもしれません。実は経費に十分なるものを見落としていないですか?

起業前にチェックしておきたい!身近な「経費」

467953643.m.jpg "仕事に必要な機材や消耗品は、すべて経費「消耗品費」として認められます。パソコン関連商品やオフィスの備品などですが、基本的に10万未満、もしくは、使用可能期間が1年未満のものは、消耗品になります。"

→詳細を読む

どこまで計上できる?! 経費の虎の巻

78719437_m.jpg "交通費は、領収書をもらえないから費用にできないと思っている人も少なくないようです。いつ、何のために、どこからどこまでで、いくら掛かったかをメモに残し、これを証憑(しょうひょう)として必要経費に計上できます。"

→詳細を読む

まだまだこんなにあった事業費で落とせる経費

468973879_m.jpg "実は結婚式、新築落成祝いのご祝儀や会葬の際に包むお香典も、取引先相手など事業の関係がある人のためであれば、経費として認められる場合があります。もちろん、領収書をもらうことはできませんので、金額と日付をメモしておき、参加した証拠として案内状などを保管しておきましょう。"

→詳細を読む

領収書のない経費の処理方法 ~出金伝票の作り方~

tax-return-thumb-230x184-161.jpg "個人事業主の場合、交通費の他、自動販売機でお客様用に買ったジュース代、取引先関連のお葬式の香典など、領収書がない場合でも、支払い内容が明確なら経費として計上することができます。"

→詳細を読む

事務所、SOHOの経費はどう考える?

493073429_m.jpg "理美容費やネイル代、化粧品代が、経費として認められるかどうかについては、いろいろな意見があるようです。芸能関係や司会業、モデルなど、イメージが重要な仕事ならば間違いなく認められることでしょう。"

→詳細を読む

家事按分

単純な経費と違って、ちょっとわかりにくいのが「家事按分」です。でも家事按分をきっちり行えば、家賃や光熱費の一部も経費にできるケースがあるので、大きな節税効果になります。

家賃を経費で落とすポイント。教えて、税理士さん!

89880708_m.jpg "SOHOスタイルの個人事業主にとって、自宅はプライベートの場であると同時に仕事の場でもあります。自宅にかかる費用(自宅費用)のうち、仕事で使用している割合については、所得税の計算上経費計上することができます。"

→詳細を読む

自宅兼事務所で働くフリーランスの必要経費はどこまで?

122484496_m.jpg "家事関連費は、主に使用している割合や頻度などで按分計算します。例えば、自宅兼事務所として、月に家賃16万円を支払っているとします。"

→詳細を読む

家賃や光熱費を経費にする『家事按分』のやり方

tax-return-thumb-230x184-161.jpg "賃貸のアパートやマンションの場合、家賃から按分して必要経費に計上できますが、持ち家の住宅ローンの元本は必要経費にはなりません。そのかわり、家屋の減価償却費や住宅ローンの金利、火災保険料や固定資産税は按分して必要経費に計上できます。"

→詳細を読む

「確定申告の疑問」を税理士にズバリ聞いた!第5回家事按分編

IMG_2961_m.jpg "家事按分は月ごとに割合を変えてもいい、家賃の家事按分は仕事場の面積だけじゃなく、働いた時間でもいい、といった話は覚えておきたいところです。"

→詳細を読む

まとめ

スモビバ!の経費についての記事をまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

確定申告時になってバタバタしないように、今から気をつけておくべきポイントをこれからも取り上げていきます。ぜひ、定期的にチェックしてくださいね!

photo:Thinkstock / Getty Images

  • 青色申告オンライン
  • 白色申告オンライン
  • 【PR】 1分でキレイな請求書を作成 「Misoca」 -今すぐ無料でお試し-
  • マイナンバーも年末調整も弥生給与
  • 会計オンライン

閉じる

【PR】 1分でキレイな請求書を作成 「Misoca」 -今すぐ無料でお試し- 白色申告オンライン 青色申告オンライン 会計オンライン 弥生給与

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の執筆者

スモビバ!編集部
スモビバ!編集部

個人事業主・フリーランスの方に役立つ情報・ネタを探して、北は北海道、南は沖縄まで東奔西走する毎日。全国のスモビなみなさんがビバ!になるように全力で応援中。いいね!を押していただけると喜びます。

この執筆者の他の記事を見る