確定申告は税理士に依頼すると費用はいくらかかるのか?

公開日:

確定申告は税理士に依頼すると費用はいくらかかるのか?

確定申告、個人の場合は自分で済ます人の方が多いでしょうが、法人の場合は9割近くが税理士や会計事務所に法人税申告作業を外注しているようです。個人事業主でも「自分でやりたくない」という人もいるかもしれません。確定申告を税理士に依頼したときの費用について調べてみました。

個人事業主の頼れる味方!青色申告会とは?


POINT
  • 個人の確定申告だけなら数万円から
  • 仕訳もすべて任せるなら10万円くらい
  • 顧問報酬は月額3万円程度が相場

仕訳と申告書の作成を任せるなら10万円程度

ネットで税理士の料金について検索すると、税理士事務所のサイトが数多くヒットします。料金体系が書いてあるところも多く、依頼側の年商が上がるほど料金も高く設定されています。年商1,000万円以下であれば、月1回の訪問付きで月額3万円程度が相場のようです。訪問がない場合は月額1万円程度のところもありますが、この場合は記帳代行をお願いするということですね。どちらにしても確定申告や法人決算の料金は別建てとなっていて、3万円~20万円くらいかかります。個人事業主の確定申告は数万円、法人決算は15万円以上というのが相場のようです。

すでに帳簿ができていて確定申告だけを頼むなら数万円ですが、仕訳が必要な場合は仕訳の数によって追加料金が発生する仕組みになっています。1か月分の仕訳が数千円~となっているところが多いので、1年分の収支に関わる書類をすべて丸投げして確定申告を代行してもらうなら10万円~20万円くらい、顧問契約を結んで月に1回訪問してもらうなら30万~50万円くらいでしょうか。

確定申告がめんどうくさいという理由で、申告書作成だけを数万円で任せたい場合は、帳簿を自分で作成していることが前提です。しかし帳簿作成といっても、確定申告ソフトに仕訳をすべて登録してあるなら、あとは自動で確定申告の書類ができあがるので、そこから先の作業を人に頼む意味はないのでは、という気もします。なので、税理士に頼む=1年間の仕訳&確定申告をすべてやってもらう、というのが普通ではないでしょうか。

飲食や理美容などでとにかく仕訳件数が多い人は、税理士に頼んだ方が時間を節約できていいかもしれません。一方、フリーランスである私の場合、取引先は10社以下で月末にその月分の請求書を送るだけですから、1か月に発生する仕訳は経費を含めて数十件程度です。少ないときは月10件程度しかありません。これをわざわざ外注するメリットはないため、すべて自分で行います。

ちなみに、もし確定申告だけをお願いするとしたら、ということで知り合いの税理士に聞いたところ、以下のような回答をもらいました。
「うちの場合は確定申告だけでは受けていません。税理士として申告書を作成する以上は、帳簿の内容を精査する必要があると考えています。なので、記帳代行も含めて最低15万円からですね。内容を見ないで帳簿が正しいものとして申告書だけつくる税理士さんもいるかもしれませんが、うちは確定申告だけを希望する人には青色申告会を勧めています」

税理士に任せるメリットは何?

すでに確定申告ソフトがそれなりに普及している現状で、確定申告だけを頼むメリットはあまりありません。一方で税理士と年間の顧問契約を結ぶメリットは「専門家に相談できる安心感」につきるのではないでしょうか。自分ひとりでやっていると「この仕訳合ってるのかな?」と不安になりながら作業を進めることになりますが、相談できる専門家がいると頼りになりますよね。自分でいちいち仕訳する作業からも解放されます。

さらに儲かっているなら、節税対策のアドバイスもしてくれるはずですし、税務調査があったときには立ち会ってもらい、対応を任せることもできます。逆にいうと、こういったサービスを提供してもらえないなら、依頼するメリットは薄いということです。確定申告だけを頼む、というのはあまり賢明なやり方ではないのではないでしょうか。

最近ではほとんどの税理士事務所がコンサル的なサービスまで幅広く提供しています。たとえば社労士と提携して助成金の申請を行ってくれたり、起業コンサルとして法人成りのサポートを行ってくれたり。後々のビジネス拡大を視野に入れているなら、早い段階からコンサル的な税理士に頼むというのもいいかもしれません。

任せるかどうかの基準は?

結局は「本業が儲かっているかどうか」でしょう。すごく儲かっているなら、年間に数十万円かかったとしても惜しくはないでしょう。経理業務は専門家に任せて、自分は本業に集中した方がはるかに効率的です。

一方で、経理業務をあえて自分でやることに意味を見出す人もいます。昨年、近い将来に法人化を予定している個人事業主の方にお話を聞く機会があったのですが、「個人のときは自分で全部やります。会社をつくったら税理士さんに任せようと考えていますが、まずは自分で作業の流れを把握しておかないと他人にお金のことは任せらなれない。信頼できる税理士さんかどうか、会ってきちんと話をしてから任せようと思います」と言っていました。

税理士の報酬は完全自由化されているので、税理士事務所ごとに料金設定は違います。ただ、仮にものすごく安い料金のところがあったとして、人件費やコストを考えると、きめ細かいサービスを受けられるかは疑問ですよね。料金を安くした分、数多くの注文を取るため1件にかけられる時間は短くなるはずで、必要最小限のサービスしか提供できないでしょう。逆に料金が高いところは、その分手厚いサービスを提供しないと客は集まらないはずです。自分がどこまでのサービスを受けたいのかを、最初にしっかりと決めておくべきでしょう。

個人事業主の確定申告は、法人決算に比べると格段に楽です。会社をつくるときは信頼できる税理士を探すとして、個人のうちは自分でやってお金の流れをしっかり把握しておくのもいいのかもしれません。

▼さらに詳しく確定申告の期間や方法をまとめたガイドを公開中▼
確定申告丸わかりガイド

photo:Thinkstock / Getty Images

  • 青色申告オンライン
  • 白色申告オンライン
  • 【PR】 1分でキレイな請求書を作成 「Misoca」 -今すぐ無料でお試し-
  • マイナンバーも年末調整も弥生給与
  • 会計オンライン

閉じる

【PR】 1分でキレイな請求書を作成 「Misoca」 -今すぐ無料でお試し- 白色申告オンライン 青色申告オンライン 会計オンライン 弥生給与

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の執筆者

岸田元
岸田元

編集/ライター。出版社、編プロ勤務などを経てフリーランスに。得意分野はIT、家電、ビジネス、エンタメなど。書籍編集から取材記事の執筆まで守備範囲は広めなユーティリティープレーヤー(便利屋)。難しいことをわかりやすく、真面目な話を面白く、伝えることを心がけています。

この執筆者の他の記事を見る