労働保険とは?制度と年度更新について解説

公開日:

執筆者:宮田 享子(社会保険労務士)

労働保険とは?制度と年度更新について解説

6月に入ると間もなく、緑色の封筒が労働局から送られてきます。年に一度のイベント、労働保険の年度更新の季節ですね。今回は建設業以外の一般企業の「労働保険」と「労働保険の年度更新」について、基本的なところをお話しします。封筒にはマニュアルも入っていますが、それを開く前に是非ここで全体像を掴んでください。書類作成がぐんとラクになると思います。


POINT
  • そもそも労働保険とは、「労災保険」と「雇用保険」の総称
  • 保険料は前払いし、あとで精算
  • 申告書のレイアウトを把握すると簡単

労働保険とは

まず、労働保険ってなんでしょう? それは労災保険と雇用保険の2つを指しています。
従業員を1人でも雇う企業は、労働保険に加入しなければなりません。

労災保険とは

仕事や通勤中のケガや病気をカバーしてくれる保険です。お勤めの方であれば正社員だけでなく、パート、アルバイトも対象です。とはいえ、保険料は全額企業が負担することになっているので、給与や賞与からの控除はありません。ですから給与や賞与の明細書に「労災保険料」という項目はありません。

雇用保険とは

失業中で職を探している方、育児や介護・高齢のために働きづらくなっている方を助けてくれる保険です。正社員の方はみな加入できますが、パートやアルバイトの方は以下の要件1.2.をどちらもクリアしていれば加入できます。

  1. 1週間の所定労働時間が20時間以上ある(例えば1日5時間で、週4日勤務ならOK)
  2. 31日以上雇用される見込みがある(「31日」というのは休日も含んだ歴日数のこと)

保険料は企業と従業員双方で負担します。

労働保険の年度更新とは

労働保険料は、4月1日から翌年3月31日期間の保険年度ごとに計算して納めることになっています。前払い制で、翌年度に過不足を精算するしくみです。毎年度、保険料の前払いと過不足の精算を同時に行います。
これを労働保険の年度更新と言います。実務の中では「年更」と呼ばれます。
労働局から送られてくる緑色の封筒には、請求書ではなく申告書が入っています。企業が自ら計算して申告するのです。
申告書は、毎年6月1日~7月10日に労働基準監督署などへ提出します(平成28年は、7月10日が日曜なので、7月11日(月)が期限です)。

160608_roudouhoken_02.png

この図の場合、平成26年度は、初年度分の労働保険料を概算(予想額)で計算して、前払いします。

労働保険料の計算

労働保険料は、下図のように労災保険加入者と雇用保険加入者の1年度分の賃金にそれぞれの保険料率をかけて労災保険料と雇用保険料を計算します。
そして2つの保険料を足したものが労働保険料となります。

一般的には労災保険と雇用保険に加入している人は人数が異なりますし、雇用保険の保険料が免除になる人(その年の4月1日に64歳以上)がいる場合もありますのでご注意ください。

160608_roudouhoken_03.png

確定保険料は前年度に実際支払った賃金をもとに計算します。概算保険料は今年度の賃金を見積もって計算しますが、前年度と大幅な変更が無い場合は前年度と同じ賃金額で計算します。

申告書のレイアウト

「年度更新のしくみ」「労働保険料の計算のしかた」がわかったら、あとは申告書のレイアウトをおさえておきましょう。そうすれば書くのは簡単です。
以下は、平成28年度の労働保険料申告書のレイアウトです。

160603_roudouhoken_05.png

まとめ

労働保険の年度更新は、年に1度の大切なイベントです。労災保険・雇用保険の加入者ごとに1年度分の賃金を正確に集計することや、申告書の提出期限を守ることなどに注意しましょう。なお、今回は一般拠出金や延納についての説明は省略しています。詳しくは労働局から送られてくるマニュアルをご覧ください。

photo:Thinkstock / Getty Images

  • 青色申告オンライン
  • 白色申告オンライン
  • 【PR】 1分でキレイな請求書を作成 「Misoca」 -今すぐ無料でお試し-
  • マイナンバーも年末調整も弥生給与
  • 会計オンライン
  • 永久保存版 マイナンバー制度とは何か?

閉じる

【PR】 1分でキレイな請求書を作成 「Misoca」 -今すぐ無料でお試し- 白色申告オンライン 青色申告オンライン 会計オンライン 弥生給与

この記事の執筆者

宮田 享子(社会保険労務士)
宮田 享子(社会保険労務士)

宮田享子(みやたきょうこ)
社会保険労務士。産業カウンセラー。
社労士法人・税理士法人等で実務経験を積んだ後平成22年独立開業。労務相談の他、講師業やメンタルヘルス対策に力を入れている。趣味はオーボエ演奏とランニング。
みやた社労士事務所HP

この執筆者の他の記事を見る