スモビバ! スモールビジネス(個人事業主、中小企業、起業家)の
業務や経営にまつわる疑問や課題をみんなで解決していく場

個人事業主のための「アンガーマネジメント」入門

公開日:

執筆者:安田博勇

個人事業主のための「アンガーマネジメント」入門

仕事の取引相手からプライベートのトラブルまで。生活していれば何かにイラっとする場面に遭遇するものです。しかしそのたびに怒ってばかりいたら仕事に大きな支障を来し、最悪の場合、大切な人間関係がこじれ、仕事を失ってしまうことにもなりかねません。
最近、テレビ・雑誌・インターネットなどで「アンガーマネジメント」という言葉をよく耳にしませんか? 著書『怒りに負ける人 怒りを生かす人』(朝日新聞出版)などでも話題の一般社団法人日本アンガーマネジメント協会代表理事・安藤俊介さんに、怒りをコントロールするこのプログラムについて、お話を伺ってきました。



怒りをコントロールする「アンガーマネジメント」とは?

――最近はテレビなんかでも「アンガーマネジメント」という言葉をよく耳にするようになりました。そもそもこれは、どんなプログラムのことをいうのでしょうか?

例えば、電車の中で立っていたら足を踏まれたとしましょう。踏まれた方向を見ると、そこに1人のご老人が立っていました。そのとき、この「足を踏まれた」という出来事に対して、どういうふうに考えますか?

「なんだ!? わざと踏んだのか?」――。こう思えば、きっと怒りの感情が湧いでくるでしょう。でも「このご老人、体の具合が悪いのかな? 大丈夫かな?」と思うこともできるはずですよね。こうして「足を踏まれた」という出来事にも、いろいろな解釈が成り立つわけです。

このように、怒りという感情は、空から急に降ってくるようなものではなく、「出来事に遭遇する→その出来事を意味づけする→思考・感情が生まれる」というステップで成り立っています。これはあくまで一例ですが、アンガーマネジメントは、こうした場面で起こる衝動や思考をコントロールすることで、怒りという感情と上手に付き合えるようになる、そのためのトレーニングプログラムなんです。

"衝動"のコントロール

――まさに現代人にこそ必要なトレーニングだと思いますが、具体的にはどのようなプロセスで行われているのでしょうか?

アンガーマネジメントは、基本的に3つのパーツで構成されているとお考えください。まず1つめは「衝動のコントロール」です。

諸説ありますが、怒りという感情は「イラっとしてから、最初の6秒間」が最も強いと言われています。だからイラっとする出来事に遭遇したら、ひとまず「6秒間待ってみる」。

――なかなか長い時間ですね......。

そうですね。「じゃあ6秒間待つときに何をすればよいの?」とお思いでしょう。そこで頭の中でこんな「怒りの温度計」をイメージしてみましょう。

感情が穏やかな状態が「0」。人生でも最大レベルの怒りなら「10」。このスケールに当てはめるかたちで「この怒りは2点かな」「これは5点」というふうに点数をつけてみるんです。

そもそも怒りがコントロールしにくいことの一因は、尺度がないことです。たいていの人は自分の怒りを測ったことなんてありませんから、今ある「この怒り」と、「この前の怒り」を比較できず、毎回新鮮な気持ちで怒れてしまう。

しかし頭の中で相対的に点数をつけることで、自分の怒りを客観視できるようになります。次第に気温に合わせて洋服をコーディネートするように、「3点の怒りのときにはこうしよう」と、対処策を用意できるようになっていくでしょう。

許容可能を見つけよう! "思考"のコントロール

――アンガーマネジメント、2つめのパーツは何ですか?

2つめは「思考のコントロール」。これは、怒りにくくなるためのトレーニングですね。ここでは、ダーツの的のような「三重丸」を思い浮かべてもらい、その怒りがどこに該当するものなのかを考えてもらいます。

一番中心にあるのが「自分がこうあるべきだと思うのと同じで、100%許容できるもの」、一番外側にあるのが「自分の価値観と違っていて、まったく許容できないもの」。そして間の部分が「自分とは少し違うけど、『まあいいか』と思える許容可能なもの」です。

思い返してみていただきたいのですが、多くの人の場合、この"間の部分"がないんです。

――たしかに何事も「許せる/許せない」の2者択一で、「許容可能を探すこと」をおろそかにしているかもしれません......。

「少し違うけど許容可能」ってたくさんありますよね? こうして「100点じゃないけど、許せる範囲はどこだろう?」と考えていくのが思考のコントロール。この部分が大きくなればなるほど、イライラすることも少なくなります。

>>NEXT 「それは本当に怒る必要があるのか?」を考えてみる
1  2
  • 青色申告オンライン
  • 白色申告オンライン
  • 【PR】 1分でキレイな請求書を作成 「Misoca」 -今すぐ無料でお試し-
  • マイナンバーも年末調整も弥生給与
  • 会計オンライン
  • 確定申告まとめ

閉じる

【PR】 1分でキレイな請求書を作成 「Misoca」 -今すぐ無料でお試し- 白色申告オンライン 青色申告オンライン 会計オンライン 弥生給与

この記事の執筆者

安田博勇
安田博勇

1977年生まれ。大学卒業後に就職した建設系企業で施工管理&建物管理に従事するも5年間勤めてから退職。出版・編集系の専門学校に通った後、2006年に都内の編集プロダクションに転職。以降いくつかのプロダクションに在籍しながら、企業系広報誌、雑誌、書籍等で、編集や執筆を担当する。現在、フリーランスとして活動中。

この執筆者の他の記事を見る