スモビバ! スモールビジネス(個人事業主、中小企業、起業家)の
業務や経営にまつわる疑問や課題をみんなで解決していく場

行政書士・司法書士に会社設立依頼する際に確認しておきたいこと

公開日:

執筆者:安田博勇

行政書士・司法書士に会社設立依頼する際に確認しておきたいこと

会社設立にかかる公的手続きは、行政書士・司法書士に依頼することができます。行政書士・司法書士とは法律にのっとった書類の作成を代行してくれる専門家(国家資格)です。それぞれの特性、メリット・デメリットを知っておきましょう。



POINT
  • 知識、ノウハウが必要な書類の作成や届け出を代行してくれるというメリット
  • 税務的な相談には乗ってもらえないというデメリット
  • 会社設立後のことも見据えた中長期的な視点を持ちながら選ぶことが大切

会社設立を行政書士に依頼するメリット

司法書士が法務局や裁判所に提出する書類の作成・届出を代行してくれるのに対し、行政書士は主に都道府県・市町村等の行政機関に提出する書類の作成・届出を代行します。会社設立においては、行政書士は定款の作成、公証役場での認証手続き、役所に対する各種許認可の手続きを行えます。さらに司法書士は法務局への会社設立の登記手続きも行うことができます(役所に対する各種許認可の手続きは行政書士のみ)。

法人の登記手続きに比べ、定款作成にはある程度の知識・ノウハウが必要です。登記手続きを自分で行える場合は、電子定款(収入印紙代が不要)に対応した定款作成・認証のみを行政書士(事務所)に依頼することで、手間・コストを抑えながら会社設立を完了させることができるでしょう。また、専門家に会社設立を依頼する場合はなるべく直接会ってアドバイスを受けるようにしましょう。司法書士には、会社設立の依頼を受けた場合、本人との面談の義務規定があります。

会社設立を行政書士に依頼するデメリットもある?

行政書士では法務局での会社設立の登記手続きができません。また、行政書士はあくまで書類作成のプロフェッショナルであり、税務的な相談にはのることはできません。特に法人税の申告にまつわる書類作成には専門的な知識が必要です。「会社設立後の会計・税務的な相談もしたい!」ということであれば、あらかじめ行政書士や司法書士の資格を有する税理士(事務所)に相談しておくという方法もあります。

会社設立を司法書士に頼む場合のメリット・デメリット

先述の通り、法人の登記手続きは司法書士だけができる「独占業務」です。定款作成・認証から法人の登記手続きまで、会社設立にかかわるすべての手続きを丸ごと代行したいのであれば、行政書士ではなく、司法書士に代行を依頼したほうがよいでしょう。また、行政書士と同様、税務的な相談にはのってくれません。

会社を設立した後、各種専門家とどのようにおつきあいしていきたいのか。中長期的な視点も持ちながら、行政書士・司法書士・税理士などを選ぶよう心がけましょう。

司法書士・行政書士に会社設立を依頼する場合の範囲
  司法書士 行政書士
法務局での会社設立手続き できる できない
定款の作成・公証人役場での認証手続き できる できる
役所に関する各種許認可手続き できない できる

弥生のかんたん会社設立

「無料」で「かんたん」に会社設立。
弥生のかんたん会社設立」は、案内にしたがって入力を進めるだけで、定款など、株式会社設立に必要な書類を自動生成します。

photo:Getty Images

監修:中野 裕哲なかの ひろあき

中野裕哲

起業コンサルタント(R)、税理士、特定社労士、行政書士、CFP(R)。起業コンサルV-Spiritsグループ/税理士法人V-Spirits代表。年間約200件の起業相談を無料で受託し、起業家をまるごと支援。起業支援サイト 「DREAM GATE」で3年連続相談数日本一。著書・監修書に「一日も早く 起業したい人が『やっておくべきこと・知っておくべきこと』」、「図解 知識ゼロからはじめる起業の本」がある。 URL:http://v-spirits.com/

  • 青色申告オンライン
  • 白色申告オンライン
  • 【PR】 1分でキレイな請求書を作成 「Misoca」 -今すぐ無料でお試し-
  • マイナンバーも年末調整も弥生給与
  • 会計オンライン
  • 弥生会計 オンラインが初年度0円 起業家応援キャンペーン

閉じる

【PR】 1分でキレイな請求書を作成 「Misoca」 -今すぐ無料でお試し- 白色申告オンライン 青色申告オンライン 会計オンライン 弥生給与

この記事の執筆者

安田博勇
安田博勇

1977年生まれ。大学卒業後に就職した建設系企業で施工管理&建物管理に従事するも5年間勤めてから退職。出版・編集系の専門学校に通った後、2006年に都内の編集プロダクションに転職。以降いくつかのプロダクションに在籍しながら、企業系広報誌、雑誌、書籍等で、編集や執筆を担当する。現在、フリーランスとして活動中。

この執筆者の他の記事を見る