平成29年(2017年)分 確定申告に役立つ書籍『スモビバ!』編集部おすすめの3冊【2018年版】

公開日:

執筆者:カトウ・マユ

平成29年(2017年)分 確定申告に役立つ書籍 スモビバ!編集部おすすめの3冊【2018年版】

確定申告……。初めてであれば正しく確定申告書の作成や提出ができるか不安だし、何回も行っている人はいかに経費を計上できるか、その知識を増やしたいところです。そこで、今回は確定申告の基礎知識を網羅し、経費の疑問を解決する書籍を3冊ご紹介します。


POINT
  • 税制の最新情報付き!確定申告の基礎知識がわかる本
  • 売上と経費を迷わず仕訳できる本
  • 「コレって経費?」をズバリ解決する本

税制の最新情報付き!確定申告の基礎知識本

個人事業主になって間もない人や、今回はもっと手軽に青色申告で確定申告をしたい人におすすめしたいのが、『個人事業主・フリーランスのための青色申告 平成30年3月15日締切分 無料で使える! やよいの青色申告オンライン対応』です。本体価格がワンコインとお買い得ながら、確定申告と青色申告の基礎知識が得られ、実際に確定申告書と青色申告決算書を作成する時のガイドブックとして重宝する本です。

青色申告の65万控除を受けるには複式簿記での記帳と、損益計算書と貸借対照表を作成する必要があります。慣れないと難しく感じるものですが、本書には「やよいの青色申告 オンライン」の使い方も随所に入っているので、手順に従って入力すれば確定申告書類が完成します。

巻頭には、税制に関する最新情報をまとめた特集もあり、今回の確定申告に関係する法令改正だけでなく、この先影響することや消費税10%への引き上げなどについても学べます。税制は毎年変わるので、最新情報を知っておくと非常に便利。これまで何年も確定申告書を提出しているベテランも、本書に沿って申告書を作成すれば間違いありません。

宮原裕一先生のスモビバ!の記事はこちら
宮原裕一先生 監修 スモビバ!知っておきたい基礎知識「確定申告

売上と経費を迷わず仕訳できる本

確定申告は提出期限までに余裕を持って終わらせておくこと。そんなことは重々承知ですが、「本業ではないことに時間をかけたくない!」「とにかく短時間で、簡単に申告したい!」というのが本音。だからこそ持っておきたいのが『ダンゼン得する 知りたいことがパッとわかる 青色申告と経費・仕訳・節税がよくわかる本』です。

迷いやすい事例とともに「決算」でやるべきことがひとつひとつ丁寧に説明されているので、簿記の知識がなくても正確に手早く申告書を作成することができます。

本書では、現金・預金が「入ったら左側に溜まる」「減ったら右側から出ていく」を基本に、それぞれの具体例とともにわかりやすく処理方法を解説しています。「事業主が自分のお金(10万円)を事業用の預金口座へ振り込んだ」など、個人事業主によくありながらも仕訳方法に迷う例も豊富に掲載されています。気になることは本書を開いて解決していきましょう。

もうひとつ、気になるのが「この領収書は経費になるのか、ならないのか」。こちらもたくさんの事例が載っています。本書を辞書がわりに使えば、仕訳に悩む時間も大幅に減るはずです。

例えば、下記の2例は経費になるでしょうか。

  1. 広告用の写真を撮影(5万円)し、現金で支払った
  2. 広告宣伝用の看板を作成(32万円)し、預金口座より振り込んだ

答えは、1は経費OKですが、2は経費NG。30万円以上の看板は固定資産になります。このように、確定申告だけでなく、簿記検定の勉強にも役立ちそうな事例が豊富です。

さらに確定申告に必要な「毎月やること」「決算のときにやること」が整理され、節税に役立つミニコラムも充実しています。本書のとおりに進めれば、毎年お得に短時間で確定申告ができそうです。

「コレって経費?」をズバリ解決する本

「たかが経費、されど経費」。個人事業主や法人にとって、売上を上げる方法ともになにが経費に計上できるかも悩みどころです。先述の本の事例でも紹介したとおり、「お金を支払う」には、「資産」と「費用」の2つがあり、資産となる支出では、利益を大幅に減らすことができません。

ダンゼン得する 知りたいことがパッとわかる 経費になる領収書 ならない領収書がよくわかる本』では、「根拠を持って経費にする」ための判断と正しい知識を、気になる具体的な領収書処理とともに紹介しています。

日頃の事業活動で、こんな支出を経費にできるか迷うことはありませんか?

  1. 取引先とキャバクラへ。経費処理できる?
  2. 交通違反の反則金って、経費処理していい?
  3. 英会話教室の授業料、経費になる?
  4. 愛人に給与、経費にできる?

4は自分の身には起きないとしても(?)、他は似た支出の機会がありそうですよね。会議費、接待交際費、福利厚生費、旅費交通費、広告宣伝費など経費の主な勘定科目別に紹介されるふんだんな事例は、経費にできない場合の対策とともに、雑学的な読み物としても楽しめます。

経費は、「売上に必要な支出は経費になる」「売上に関係のない支出は経費にならない」の2大原則で判別されます。本書を読めば、正しい知識が身に付き、さまざまな支出を経費にする"テクニック"で、あきらめていた領収書が経費に変わるかもしれません。上記の1~4が経費になるか否かは、ぜひ本書を読んで答え合わせをしてみてください。

村田栄樹先生のスモビバ!の記事はこちら
村田栄樹先生にご協力いただいたスモビバ!の記事「はじめての青色申告【第1回】〜事前準備編〜

毎年、確定申告の提出期限が近づくと落ち着かないですよね。でもこの3冊を読めば確定申告も怖くない! 私も本記事のために3冊をしっかり読みました。今回こそ慌てず間違えずに確定申告を完了させたいと思います。

photo:Getty Images

  • 青色申告オンライン
  • 白色申告オンライン
  • 【PR】 1分でキレイな請求書を作成 「Misoca」 -今すぐ無料でお試し-
  • マイナンバーも年末調整も弥生給与
  • 会計オンライン

閉じる

【PR】 1分でキレイな請求書を作成 「Misoca」 -今すぐ無料でお試し- 白色申告オンライン 青色申告オンライン 会計オンライン 弥生給与

この記事の執筆者

カトウ・マユ
カトウ・マユ

1974年生まれ。大学卒業後、出版社等に勤務。出産後は個人事業主として、主にwebメディアの編集業務を行う。会社員時代に子会社の経理・決算業務に携わる機会があり、簿記3級を取得。

この執筆者の他の記事を見る