スモビバ! スモールビジネス(個人事業主、中小企業、起業家)の
業務や経営にまつわる疑問や課題をみんなで解決していく場

青色申告するのに必要な開業届と青色申告承認申請書の書き方 〜どこに、期限はいつまでに提出すればいい?〜

公開日:

執筆者:カトウ・マユ

個人事業主が青色申告をするためには、管轄の税務署に青色申告承認申請書とともに開業届を提出しなくてはなりません。
この開業届の届け出をしていないと、税制上の優遇措置がある青色申告の承認申請をすることができません。

そこで今回は、青色申告をするための必要書類、青色申告承認申請書と開業届を提出する際の注意点をご紹介します。



POINT
  • 個人事業主の青色申告開始の必要書類は「青色申告承認申請書」と「開業届」
  • 青色申告承認申請書と開業届の書き方について知ろう
  • 青色申告の必要書類を提出する期限と提出方法の注意事項とは

青色申告開始の必要書類「青色申告承認申請書」と「開業届」

個人事業主の確定申告には、特別控除がない白色申告に対し、税制上の優遇措置がある青色申告というやり方があります。

青色申告は帳簿の付け方により10万円控除か65万円控除かを選択できます。青色申告するためには、事前に管轄の税務署へ「あなたは青色申告をしてもよい」と承認をもらう書類の届け出が必要です。これが「所得税の青色申告承認申請書」です。

青色申告の承認申請をするにあたって必要なのが「開業届」です。「開業届」は、そもそも税務署に「個人事業主として商売を始めた」と報告するための必要書類です。

開業届を提出していなくても罰則はありませんが、開業届を提出することで青色申告の承認申請書に記載が必要な「開業日」が証明できます。

そして、青色申告による節税ができるほか、屋号がある場合はその名称で銀行口座が作れたり、補助金や助成金、融資を受ける際の手続きができるなどのメリットがあります。開業の証明書類などで使用できるよう、開業届を提出する際は、控えに受付印をもらい、保管するようにしましょう。

青色申告承認申請書と開業届の書き方

青色申告承認申請書と開業届は、国税庁のホームページからダウンロードできます。

【参考】
国税庁:申告所得税関係 個人事業の開業届出・廃業届出等手続
国税庁:申告所得税関係 所得税の青色申告承認申請手続

まずは青色申告承認申請書の書き方をチェックしましょう。

180613_kaigyoutodoke_02.jpg

A:所轄の税務署名を記入
B:自宅または事務所の住所を記入(一般的に住民票がある「住所地」を選択)
C:書類の提出日
D:青色申告を始めたい年
E:職業、屋号を記入(屋号がない場合は空欄でよい)
F:事務所の屋号と住所を記入
G:所得の書類を選択
H:初めての場合は、「無」を選択
I:65万円控除を受ける場合には、「複式簿記」を選択
J:備付帳簿は、必要に応じて選択
※65万円控除を受ける場合には、以下の8種
現金出納帳、売掛帳(掛け売りがない場合は不要)、買掛帳(掛け仕入れがない場合は不要) 、経費帳、 固定資産台帳(固定資産がない場合は不要)、預金出納帳、総勘定元帳、仕訳帳

Jの備付帳簿は、会計ソフトや確定申告ソフトを使うと簡単に作成できます。

続いて、開業届の書き方を見てみましょう。正式名称は「個人事業の開業・廃業等届出書」です。提出する際には本人確認が必要です。マイナンバーの記入とともに、マイナンバーカードか通知カードと運転免許証といった身分証明書を掲示または写しを添付します。

180613_kaigyoutodoke_03.jpg

A:「開業」に〇をつける
B:自宅または事務所の住所を記入
C:マイナンバー(個人番号)、職業や屋号を記入
D:所轄の税務署を記入
E:書類の提出日
F:「開業」に〇をつける
G:開業日を記入(青色申告承認申請の起算日になる)
H:一緒に提出する届出書の有無
I:事業の内容を簡潔に記入
J:青色申告事業専従者や従業員など給与の支払先がある場合に記入

※書式は2018年5月現在、各税務署で使用されているものです。

青色申告の必要書類を提出する期限と注意事項

確定申告の時期になって急に青色申告にしようと思いついても、受け付けてもらえません。新たに事業を始めた人は、原則として開業日から2ヵ月以内に青色申告承認申請書を提出しなくてはなりません(ただし、開業日が1月1日~1月15日の場合は、3月15日が提出期限)。

白色申告から青色申告に変更する場合は、青色申告したい年の3月15日が提出期限です。

たとえば2020年分の確定申告を青色申告でしたい場合は、2020年3月16日までに青色申告承認申請書を所管税務署に提出します。1日でも遅れると、青色申告ができるのが1年後となってしまうので注意が必要です。

また、現在サラリーマンなど会社勤めの方が退職後に新たに開業して、事業開始しようとする場合、取引が発生する前に開業届を出すと失業期間が終了してしまい、失業保険が受け取れない可能性があるというデメリットもあるため、その点は注意が必要です。

開業届の場合は、本来は開業日から1ヵ月以内が提出期限です。個人事業主として仕事をすると決めた日から1ヵ月以内に必要書類を提出し、青色申告を選択するのがお得です。忘れずに手続きをし、青色申告のさまざまなメリットを受けながら事業を成長させていきましょう。

青色申告事業者になったら

青色申告の申請ができたら、あなたも青色申告事業者です!しかし、簿記の知識はもちろん、仕訳や入力の作業、申告書の作成などが不安で、もっとラクラク終わらせる方法はないものかと考える方もいるでしょう。

そこで、インストール不要で、初心者でもかんたんに使えるクラウド青色申告ソフト「やよいの青色申告 オンライン」をオススメします。初年度無料ですべての機能が使用できるので、気軽に試せますね。

入力作業を自動化して、会計業務を効率化

200107_matome_01.jpg

やよいの青色申告 オンライン」なら、「スマート取引取込」で銀行明細、クレジットカードなどの取引データ、レシートや領収書のスキャンデータやスマホアプリで撮影したデータをAIが自動で仕訳します。入力の手間と時間を大幅に削減できます。

簿記や会計の知識がなくても青色申告ができる

200107_matome_02.jpg

初心者にもわかりやすいシンプルな機能とデザインで、簿記の知識がなくても、日付や金額などを入力するだけで、青色申告に必要な複式簿記の帳簿と貸借対照表などの資料が自動作成できます。また、スマホアプリからの入力もできます。

確定申告書類の作成もラクラク!

200107_matome_03.jpg

画面の案内に沿って入力していくだけで、確定申告書・青色申告決算書など提出用の書類を楽々作成できます。もちろん、控除についてもステップに従って入力すれば、青色申告特別控除の最大65万円の要件を満たした資料が作成できます。

帳簿・レポートの集計機能も便利

200107_matome_04.jpg

やよいの青色申告 オンライン」なら、カード取引や銀行口座の取引明細から自動取り込みした取引データやかんたん取引入力から登録した取引から、「仕訳帳」や「総勘定元帳」など、青色申告に必要な帳簿やレポートが自動集計・自動作成されます。

今回の確定申告では、まだ青色申告を選択していないため、白色申告で確定申告を行うという人は、ずっと無料で使える「やよいの白色申告 オンライン」がおススメです。

photo:Getty Images

  • 青色申告オンライン
  • 白色申告オンライン
  • 【PR】 1分でキレイな請求書を作成 「Misoca」 -今すぐ無料でお試し-
  • マイナンバーも年末調整も弥生給与
  • 会計オンライン
  • 確定申告まとめ

閉じる

【PR】 1分でキレイな請求書を作成 「Misoca」 -今すぐ無料でお試し- 白色申告オンライン 青色申告オンライン 会計オンライン 弥生給与

この記事の執筆者

カトウ・マユ
カトウ・マユ

1974年生まれ。大学卒業後、出版社等に勤務。出産後は個人事業主として、主にwebメディアの編集業務を行う。会社員時代に子会社の経理・決算業務に携わる機会があり、簿記3級を取得。

この執筆者の他の記事を見る