保険料を安くしたい! フリーランス・個人事業主が加入できる健康保険【まとめ】

公開日:

執筆者:カトウ・マユ

保険料を安くしたい! フリーランス・個人事業主が加入できる健康保険【まとめ】

日本国民であれば全員加入の義務があるのが健康保険です(国民皆保険制度)。会社員から個人事業主になった際に、思っていたより国民健康保険料が高いことに驚いた方も多いのではないでしょうか。国民健康保険は会社員が加入する社会保険よりも保障が手薄なのも事実。少しでも保険料を安くしたり、保障を手厚くするにはどのようにしたらよいのでしょうか。そのヒントをまとめました。


POINT
  • 個人事業主も保険に加入する義務がある
  • 会社員が加入する社会保険より保障が手薄なこともある国民健康保険
  • 個人事業主が保険料を安くして補償を手厚くする方法とは

個人事業主も保険に加入する義務がある

日本では「国民皆保険制度」として、すべての国民がなんらかの保険に加入する義務があります。一般的な会社員の場合、健康保険(社会保険)と厚生年金保険に加入しています。退職し個人事業主になった場合、基本的には地方自治体による健康保険に加入することになります。

【参考記事】
会社員と個人事業主の社会保険制度の違い

"個人事業主になったら、国民健康保険や国民年金に切り替える手続きを行う必要があります。手続きは、退職日の翌日から14日以内に、居住する市区町村役場で行う必要があります"

個人事業主も保険に加入する義務がある

会社を退職して個人事業主になる場合には、国民健康保険以外にも選択肢はあります。

【参考記事】
脱サラして開業するときの手続きまとめ

"もうひとつの「健康保険(任意継続)」は、民間企業で働く人が加入する健康保険に、退職後も継続して加入するというものです。いくつか条件があります。

  • 退職前に社会保険に加入しており、資格喪失の日の前日までに継続して2カ月以上の被保険者期間があること
  • 資格喪失日(退職日の翌日)から20日以内に手続きすること

"加入期間は2年間です。ただし、1日でも滞納した場合や、就職して社会保険に加入した場合、もしくは、満75歳を迎えた場合は、脱退することになります。"

国民健康保険料は、事業に関係がある費用ではないため、経費計上はできません。
そのため、事業のお金でいったん支出した場合は、「事業主貸」で仕訳処理をします。
経費計上はできませんが、確定申告では所得控除の対象にすることができるので、国民健康保険料をきちんとはらうことは、節税につながります。

【参考記事】
一人親方の確定申告ガイド

"国民健康保険料、労災保険料は事業所得の経費とはなりません。いったん事業主貸として経理処理し、その金額を所得控除の社会保険料控除に含めて申告します"

【参考記事】
「所得控除」を活用して節税する方法

"社会保険料は1年間に払った全額が控除されます。社会保険とは、国民健康保険、介護保険、国民年金保険などです。支払が遅れていた健康保険料などをまとめて支払った場合は、その全額支払った年の控除対象となります。サラリーマン時代に給与から天引きされていた社会保険料も、確定申告で控除が受けられます"

保険料が高く、保障も手薄な国民健康保険

保険料が高く、保障も手薄な国民健康保険

しかしながら、会社員が払う保険料に比べ、国民健康保険料の金額が高いのが個人事業主共通の悩みではないでしょうか。それは会社員時代の社会保険を任意継続しても同様なのです。

【参考記事】
会社を辞めて独立・起業する際に必要な退職手続き −健康保険編−

"会社員時代と同じ健康保険を任意継続する道を選んだとしても、保険料は以前の倍近くになるということ。これは、これまで会社が保険料を半分出していたからであり、当たり前といえば当たり前ですが、出費としてはかなり大きなものになります。
それでも、住む地域などによっては、会社員時代の倍になったとしても、健康保険組合のほうが国民健康保険よりも安くつくため、任意継続を選ぶという人もいます。

また、国民健康保険の場合は「扶養」という概念がないのも、会社員が加入する健康保険との違いの一つです。健康保険の場合は、被保険者が支払っていれば、その人に育てられている被扶養者は保険料を支払う必要がありません。しかし、国保の場合、家族それぞれが国保の被保険者となるので、基本的に別々に保険税がかかり、世帯主がその納税義務を負うことになるので、家族がいる人はそのあたりも十分に考慮すべきでしょう"

国民健康保険には、傷病手当は含まれていません。

【参考記事】
フリーランスの健康保険は国民健康保険だけなのか?

"もう1つの大きな違いは、「傷病手当金」の有無です。病気やケガで長期間(4日以上)働けなくなるときに給料のおよそ6割が支給される「傷病手当金」は、国民健康保険にはありません"

なお、"保険料"というつながりで参考までに補足すると、個人事業主には労働保険がありません。
なぜなら労働保険は、労働者災害補償保険(一般に「労災保険」といいます)と雇用保険の総称で、事業主は、労働者を一人でも雇っていれば労働保険に加入し、労働保険料を納付する必要があります。個人事業主などの自営業者は、労働者ではないため、労災保険の対象にはなりません。

【参考記事】
会社を辞めて独立・起業する際に必要な手続きとは? ー雇用保険編ー

"雇用保険は、労働者の失業を防止したり、再就職の促進を図ろうとする制度です。失業したときにもらえる「基本手当」、いわゆる失業手当がよく知られていますが、それ以外に、職業能力アップを希望する人を支援する「教育訓練給付」や、育児や介護で休業したときに給付される「育児休業給付」や「介護休業給付」などもあります。

会社を辞めて独立するということは、雇用保険から外れることです。当然のことながら、これらの給付は受けられなくなるので、独立する前に、そのデメリットはよく踏まえておいたほうがよいでしょう"

個人事業主が保険料を安くしたり補償を手厚くする方法

青色申告で確定申告をすれば、国民健康保険料の軽減につながります。

【参考記事】
白色申告から青色申告に変更するメリットとは

"白色申告から青色申告に切り替えると、まず、特別控除を受けることができます。簡易簿記の場合は10万円、複式簿記の場合は65万円が控除されます。特別控除により、税金がかかる所得金額が下がるので、そこから算出する住民税も安くなりますし、国民健康保険税(料)も軽減されるのでいいことずくめです"

職種や業務によって個人事業主が加入資格を得られる国民健康保険組合(国保組合)は、保険料を削減できる可能性があります。加入できる国保組合がある場合、自身が加入する地方自治体の国民健康保険料の金額と比較してみましょう。

節税効果が高いと言われる青色申告。実際に青色申告と白色申告の場合の納税額をくらべて、どれだけ節税できるかシミュレーションしてみましょう!
あなたの事業の売上と経費を入力するだけで、かんたんに税金(所得税・住民税・国民健康保険料(税))が計算できます。

【関連記事】
個人事業主のかんたん税金計算シミュレーション

【参考記事】
もしも仕事ができなくなったら......個人事業主の保険・補償制度

"国保組合とは、業界・業種ごとに組織された互助会的な国民健康保険組合のこと。例えば、筆者のようなライターならば「文芸美術国民健康保険組合」という国保組合が存在します。著作活動に携わっている人のための国保組合です。

文芸美術国保組合の場合、保険料は一律1万7,200円(平成28年度)。さらに家族も1人あたり9,000円で加入できます(介護保険該当者はプラス3,700円)。特定の施設で人間ドック割引を受けられるなどの特典もあります"

【参考記事】
転ばぬ先の杖?個人事業主におすすめな健康保険

"国民健康保険組合は、手厚い保障がある点でもメリットがあります。人間ドックを割引料金で受診できるところもあれば、各種がん検査を無料で受けられるところもあります。また、出産育児一時金や葬祭費の支給額が国保に比べて高いという嬉しいケースも。"

また近年、個人事業主の働き方を支援する動きが出ています。2017年1月に設立した一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会では、これまで個人事業主に向けた互助・共助・公助の仕組みを提供しています。そのなかにはこれまで個人事業主が得にくかった損害賠償責任補償も含まれています。

【参考記事】
フリーランスの働き方改革とは? プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会・平田麻莉さん

"「フリーランス賠償責任補償」。こちらは大手保険会社4社による共同保険で、国内初の取り組みです。フリーランスの仕事って対物・対人の事故はもちろん、最近では情報漏えい、著作権侵害、納期遅延などのリスクがあると思います。そうした業務遂行のための行為に起因して発生した偶然の事故により会員様が法律上の損害賠償責任を負担しなければならない場合、支払限度額の範囲内でその損害を補償します"

photo:Getty Images

  • 青色申告オンライン
  • 白色申告オンライン
  • 【PR】 1分でキレイな請求書を作成 「Misoca」 -今すぐ無料でお試し-
  • マイナンバーも年末調整も弥生給与
  • 会計オンライン

閉じる

【PR】 1分でキレイな請求書を作成 「Misoca」 -今すぐ無料でお試し- 白色申告オンライン 青色申告オンライン 会計オンライン 弥生給与

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の執筆者

カトウ・マユ
カトウ・マユ

1974年生まれ。大学卒業後、出版社等に勤務。出産後は個人事業主として、主にwebメディアの編集業務を行う。会社員時代に子会社の経理・決算業務に携わる機会があり、簿記3級を取得。

この執筆者の他の記事を見る