しりあがり寿さん「大事なのは、周りにいる仲間。助け合いながら冒険すればいい」

公開日:

「大事なのは、周りにいる仲間。助け合いながら冒険すればいい」漫画家・しりあがり寿さんインタビュー

エッセイ、映像、ゲーム、アート、音楽など多方面で活躍する、漫画家のしりあがり寿さん。1985年に単行本『エレキな春』でデビューした後、2000年に『時事おやじ2000』(アスペクト)、『ゆるゆるオヤジ』(文藝春秋)で第46回文藝春秋漫画賞を、2001年には『弥次喜多 in DEEP』(エンターブレイン)で第5回手塚治虫文化賞「マンガ優秀賞」を受賞するなど、つねに第一線で活躍し続けてきた。
実は、しりあがりさんは大学卒業後にキリンビールに入社し、13年にわたり「会社員」と「漫画家」の二足のわらじを履き続けていたという異色の経歴を持つ。専業漫画家として独立するに至った理由や、独立について感じること、長期にわたって活躍し続けるための心がけ、独立・起業を目指す人へのメッセージなどを伺った。


漫画のために、会社を休んだことは一度もない

しりあがりさんが漫画家としてデビューしたのは、多摩美術大学在学中に同人誌で描いた漫画が編集者の目に留まり、仕事の依頼が来たことがきっかけだった。キリンビールに入社し、マーケティング部に配属されて間もない頃のことだ。しりあがりさんは、会社の了解を得て「会社員」と「漫画家」の二足のわらじを履くことになる。

「就業規則では、基本的にアルバイトなどの兼業は禁止されていました。それにもかかわらず、直属の上司が人事担当者に『見逃してやってくれないか』というような話をしてくれたらしいんです。会社には、ほんとうに恵まれていたと思いますね。13年間、会社の仕事と漫画家を両立できたのは、会社の人たちの理解があったからだと思っています」

もっとも、在職中は「会社優先」をつらぬいた。漫画の仕事のために会社を休んだことは一度もないという。

しりあがり寿氏「漫画の仕事を受けるときも『会社の仕事が優先なので、その範囲でできることなら』と言っていましたから、長いページの連載などはできませんでした。いや、そもそも当時はそんな依頼は来ていなかったかもしれないですが(笑)。とにかく、漫画を優先したことはありません。『面白そうな漫画の仕事が来たら会社の仕事より優先しよう』ということでは、信頼がなくなってしまいますから。通勤途中で電車を乗り換える池袋駅で、漫画家と会社員の頭をすぱっと切り替えて仕事に臨んでいました。それから、漫画の仕事で会社に迷惑をかけることがないよう、気をつけていましたね。僕は広告宣伝やパッケージデザインなど企業イメージを伝えていく仕事をしていましたから、企業イメージの重要性は身をもって理解していました。漫画を描くにあたっては、会社名、本名、顔は出さないと決めていましたし、『変なものを描くわけにはいかないな』という気持ちもありました」

やりたい仕事を、思い切りやるために

会社を辞めたのは、36歳のとき。「いずれは独立しよう」という思いは長く持っていたものの、「一番搾り」の開発プロジェクトに入ったり、仕事はより面白くなった。なかなか退職の決心がつかないまま、時間が過ぎていった。

「でも、メーカーで36歳ともなると、そろそろ管理職になる時期なんですね。転勤とか営業への異動とか、そんな"風"が吹いてくる(笑)。僕はCMや商品パッケージの制作のような現場の仕事が好きだったので、部下をマネジメントするような仕事をやるのは向いていないんじゃないかと思っていました。

しりあがり寿氏一方、漫画の仕事も、自分より下の世代の人たちがどんどん出てきて活躍していました。このままでは僕の仕事はなくなっていくだろうということは、見えていたんです。でも、まだ描きたいものがある。『やりたいほうに集中しないと両方とも先細りになるな』と思って、独立を決意したんです」

会社に迷惑をかけずにやりたい仕事を思い切ってやるには、独立したほうがいいのではないかという思いもあった。「悪い子になりたかったのかもしれないね。結局、そんなに悪いことなんかしてないんだけど」と笑いながら振り返る。

1  2
  • 青色申告オンライン
  • 白色申告オンライン
  • 【PR】 1分でキレイな請求書を作成 「Misoca」 -今すぐ無料でお試し-
  • マイナンバーも年末調整も弥生給与
  • 会計オンライン

閉じる

【PR】 1分でキレイな請求書を作成 「Misoca」 -今すぐ無料でお試し- 白色申告オンライン 青色申告オンライン 会計オンライン 弥生給与

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の執筆者

千葉はるか(Panchro.)
千葉はるか(Panchro.)

2000年に日経ホーム出版社(現日経BP社)入社。金融情報誌、デジタル情報誌の編集部で編集記者職に従事。2006年にリクルートに転職し、新卒向け就職情報誌の編集を手がける。2008年、エディトリアルデザイナー兼イラストレーターの姉とともに会社を設立し独立。フリーのライター・編集者として書籍、雑誌、ウェブサイト等の制作に携わっている。

この執筆者の他の記事を見る