コスプレイヤー、同人作家...副業の確定申告、大丈夫?齋藤一生先生(税理士法人センチュリーパートナーズ代表税理士)インタビュー

公開日:

執筆者:阿部桃子

コスプレイヤー、同人作家、アフィリエイター…その副業、確定申告の準備は大丈夫? 齋藤一生先生(税理士法人センチュリーパートナーズ代表税理士)インタビュー

働き方改革の影響もあり、本業以外に副業で収入を得る人が増えてきました。

趣味の延長で、年間数万単位というお小遣い程度の収入という人がほとんどのようですが、なかには数百万、数千万円と本業以上の売上を稼ぎ出す人も。ただ、副業ではあっても、収入を得たからには忘れてはならないのが確定申告。どの程度の収入になったら、確定申告しなければならないのか? いざ確定申告するとなったら、まず何から始めたらいいのか? 副業の確定申告に強い、税理士法人センチュリーパートナーズの代表税理士・齋藤一生先生に伺いました。



POINT
  • 副業とはいえ1円でも利益が出たら申告をしなければいけない
  • 収入によって申告のパターンが異なる
  • 会社に副業をしていることを知られたくない場合、どうすればいいか知っておこう

副業ブームの兆し。億単位を稼ぐ人も!?

ライター

――副業を認める企業が増えてきたようです。実際、会社員をしながら、副業で収入を得ている人は多いのでしょうか?

齋藤一生先生

齋藤:副業の確定申告に関して、私どもの事務所にご相談に来られたり、問い合わせされる方は、これまでにすでに5,000件を越えています。社会全体でも、副業でなんらかの収入を得ている人は50~60万人以上はいるのではないかと言われています。

ライター

――どんな副業の方の相談が多いですか? 収入の幅は?

齋藤一生先生

齋藤:同人作家、コスプレイヤー、LINEスタンプ作家、アフィリエイター、転売業、情報商材販売、FX、ホステスさんなど、本当に幅広いですね。収入もひとケタの方もいれば、数百万〜数千万円、なんと億単位まで稼ぎ出す方までいます。

ライター

――数百万から億単位まで! そうなると税金対策もしっかりやらなければという意識になるかと思いますが、年数万の小遣い稼ぎ程度でも確定申告をしなければいけないのでしょうか?

齋藤一生先生

齋藤:はい。1円でも利益が出たら申告をしなければなりません。ただし、申告は収入によってパターンが異なります。

まず、副業の利益が1円~20万円までであれば、所得税の確定申告ではなく、市区町村に住民税の申告をします。市区町村ごとに書式が違うので、お住いの地域の役所に電話して、住民税の申告をしたい旨を伝えて、申告書をもらいましょう。HPから書類がダウンロードできる市区町村もあります。

副業をしている方のほとんどは、この「住民税の申告」で済むのではないでしょうか。ただ、よく聞かれるのは市区町村に申告することで、会社に通知が行き、副業が知られるのではないか? ということ。

会社に副業をしていることを知られたくない場合は、市区町村の窓口の方に「会社に知られたくない」としっかり伝えれば、配慮してもらえるので、ご安心ください。

また、20万円を1円でも超えたら、所得税の確定申告が必要なので、税務署に確定申告書を提出することになります。その場合、市区町村への住民税の申告は不要となります。

確定申告をしないと、のちのち副業を会社に知られてしまう危険性も......

確定申告をしないと、のちのち副業を会社に知られてしまう危険性も......

ライター

――とはいえ、会社員をしていると確定申告をするという意識が薄く、「忘れちゃった」「やらなかった」という人もいるかもしれません。もし確定申告をしなかったら、どうなりますか?

齋藤一生先生

齋藤:場合によって変わってきますが、追徴課税はもちろん、納めなかった税金に対する延滞税と罰金も取られてしまいます。また、無申告1年目ではなく、何年も経ってからまとめて追徴されるケースも多いので、その金額も膨大になります。

とくに市区町村は厳しいですね。すぐ納められないという話になると、いきなり滞納処分となり、銀行口座を差し押さえられたり、本業の会社に連絡して、給料を差し押さえられたり......。

そうなると会社にも副業が知られることになり、いろいろと問題が出てきてしまいそうですよね。

ライター

――コスプレイヤー、同人作家など、撮影会やコミケなどでの現金収入の多い方は、収入を証明するのは難しいのではないでしょうか? それだけに、バレないのではないかと思う方もいるかもしれません。

齋藤一生先生

齋藤:まず現金で受け取った収入は、日付やお金の金額をメモしておいてください。それだけでも収入を証明できます。さらに会計ソフトなどに入力しておけば、完璧です。

またコミケなどのとても大規模なイベントに関しては、税務署が入って調べているという噂もあります。特に人がたくさん並んでいるブースは、収入のある事業主として証拠を押さえられている可能性があります。また、買った同人誌を経費として申告する人がいますから、そこから見つかるということもあるでしょう。

あとはホームページ、ブログ、SNSもチェックされていますし、他人の密告から税務調査が入る、なんていうことも......。実は税務署は、通報があったら基本的に税務調査に行かなければならないのです。そうでないと、特別な配慮をした、動かなかったと言われてしまいますので。

【関連記事】
漫画家・同人作家の確定申告どうする?山内真理先生(会計士・税理士)に聞いてきた

>>NEXT 副業の業種によっては申告しなくていい場合もある?
1  2
  • 青色申告オンライン
  • 白色申告オンライン
  • 【PR】 1分でキレイな請求書を作成 「Misoca」 -今すぐ無料でお試し-
  • マイナンバーも年末調整も弥生給与
  • 会計オンライン
  • 確定申告まとめ

閉じる

【PR】 1分でキレイな請求書を作成 「Misoca」 -今すぐ無料でお試し- 白色申告オンライン 青色申告オンライン 会計オンライン 弥生給与

この記事の執筆者

阿部桃子
阿部桃子

早稲田大学卒業後、出版社、テレビ局勤務などを経てフリーランスに。専門分野は教育・育児支援、ビジネス、キャリア。『日経トレンディ』『AERA with Kids』『Bizmom』などで執筆。2児の母。活字好きの子どもを増やすべく、地域で読書ボランティア活動にも励んでいる。

この執筆者の他の記事を見る