【e-Taxで確定申告】ID・パスワード方式の手順、メリットとデメリットについて調べてみた

公開日:

執筆者:矢郷真裕子

2019年(平成31年)1月、個人納税者のe-Tax利用が簡便化され、マイナンバーカード方式かID・パスワード方式、どちらかの方式が利用できるようになりました。

e-Taxの新方式がこれまでのe-Taxでの確定申告とはどんなふうに違うのか、今回はID・パスワード方式の手順、メリットとデメリットについてレポートします!



POINT
  • 税務署で職員の方から本人確認をしてもらい、「ID・パスワード方式の届出完了通知」を発行してもらう。
  • 「電子申告・納税等開始届出書」を事前に提出し、「利用者識別番号」を取得する。
  • ID・パスワード方式は使えなくなる可能性もあることを理解しておく

e-Taxの簡便化したところとは?

フリーランスの編集者・ライターである筆者は、個人事業主として今回で5回目の確定申告となります。

これまでの確定申告は、作成した申告書を税務署の窓口に持っていくか、税務署に郵送するかという方法しか経験したことがありません。

これまでe-Taxを活用していなかった理由は、国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」で申告書を作り、e-Taxを利用してインターネットで提出するためには、下記の2つの条件が必要なこともあり、面倒な印象を抱いていたからです。

  • マイナンバーカードなどの電子証明書が入ったカードと、ICカードリーダライタを持っている
  • 税務署に出向いて、e-Tax利用開始のためのIDとパスワードを取得する

しかし、2019年(平成31年)1月からは、e-Taxを利用するには、この条件のどちらか1つさえ満たしていればOKに。
混んでいる税務署で長時間待ったり、確定申告書を印刷していろいろな書類と一緒に送ったりしなくていいのはやはり魅力的です。

簡便化した今がチャンスだと考えて、e-Taxでの確定申告にチャレンジしてみることにしました。

そこで、マイナンバーカード方式にするか、ID・パスワード方式にするか、事前に二種類の方法をリサーチ。
今回はID・パスワード方式での申告についてご紹介します。

マイナンバーカードの申請からスタートして、マイナンバーカード方式でのe-Taxにチャレンジした記事は、こちらの記事(「【e-Taxで確定申告】マイナンバーカード方式を実際にやってみた」)をご覧ください。

ID・パスワード方式での申告

ID・パスワード方式でe-Taxをする場合は、確定申告の前に、事前に税務署で職員の方から本人確認をしてもらい、「ID・パスワード方式の届出完了通知」を発行してもらう必要があります。

希望する場合は、運転免許証などの本人確認書類を持参して、近くの税務署に行きます。
マイナンバーカードの申請とは異なり、即日発行してもらえます。もちろん無料です。

190204_e-tax_02.jpg

国税庁:ID・パスワード方式を利用するには、どうしたらよいですか。」より「ID・パスワード方式の届出完了通知引用。

 

なお、2018年(平成30年)1月以降、確定申告会場などで「ID・パスワード方式の届出完了通知」を受け取った人は、すでにID・パスワードを取得済みになっているようです。
何か受け取った記憶がある場合は、申告書等の控えを確認してみてくださいね。

また、税務署で職員の方から本人確認をしてもらう方法以外に、マイナンバーカードとICカードリーダライタを使って、IDとパスワードの取得を行うこともできるそうです。
その場合は、国税庁ホームページの確定申告書等作成コーナーを利用して、「電子申告・納税等開始(変更等)届出書」を送信します。

190204_e-tax_03.jpg

国税庁ホームページの確定申告書等作成コーナー内に、「ID・パスワード方式届出コーナー」があるので、そのページに進んでいきます。

190204_e-tax_04.jpg

氏名や生年月日、職業など、ID・パスワード方式の届出に必要な事項を、画面の案内に従って1つずつ記入していきましょう。
基本的な事項だけなので、サクサク進みました。

開始届出書の提出

e-TaxをID・パスワード方式で利用しようとする場合は、「電子申告・納税等開始届出書」を事前に提出し、「利用者識別番号」を取得する必要があります。

マイナンバーカード方式の場合は、この工程は不要です。
これを知ったときは少し面倒そうな印象を受けましたが、「電子申告・納税等開始届出書」の提出と、利用者識別番号の取得は、e-Taxソフトおよびe-Taxソフト(WEB版)からオンラインで簡単に行えました。

ただ、すでに税理士の方などに頼んで電子申告をしている場合、税理士の方に頼むのをやめるなどの理由でID・パスワード方式を使いたい場合は、すでに利用者識別番号を持っているので、その情報も税務署に持参する必要があるそうです。
わからない場合は、お願いしている税理士の方に確認してみてください。

このあとの実際の申告の手続きや流れは、基本的にはマイナンバーカード方式と同じです。
まずは国税庁ホームページの確定申告書等作成コーナーで、申告書データの作成に取りかかります。

作成コーナーに入る前に、「マイナンバーカード方式により提出する」か、「ID・パスワード方式により提出する」のどちらかを選ぶ画面が挿入されているので、「ID・パスワード方式により提出する」を選択します。

そこで、取得した利用者識別番号、暗証番号、ID、パスワードを入力して、申告書の作成を進めていき、作成が済んだらe-Taxで送信。これにて申告完了です。

190204_e-tax_05.jpg

国税電子申告・納税システム(イータックス)ホームページ内に、「e-Taxの開始(変更等)届出書作成・提出コーナー」があるので、その中の「個人の方」というページに進み、氏名や生年月日など、必要事項を案内に従って入力していきます。

190204_e-tax_06.jpg

入力内容の確認を終えると、すぐに画面上で16桁の利用者識別番号が通知されます。
忘れてしまわないように、この画面を保存や印刷などしておきましょう。

190204_e-tax_07.jpg

利用者識別番号を取得できたら、国税庁ホームページの確定申告書等作成コーナーへ行きます。
そこで「e-Taxで提出する」→「ID・パスワード方式により提出する」の順に選択し、利用者識別番号、暗証番号、ID、パスワードを入力すると、申告書データの作成と、e-Taxでの送信を行うことができます。

ID・パスワード方式のメリット・デメリットなどの所感

ID・パスワード方式でe-Taxの確定申告を行うか検討して、次のような所感を抱きました。

<メリット>

  • マイナンバーカードと比較して、マイナンバーカードとICカードリーダライタが不要。
  • IDとパスワードを利用すれば、スマートフォンからの確定申告手続きもできるようになる。
    ※個人事業主の確定申告は、スマートフォンからの確定申告は、対象外です。

<デメリット>

  • IDとパスワードの取得のため、税務署に行く必要がある。
  • e-Taxのメッセージボックス機能が利用できない。
  • IDとパスワードを管理する必要がある。
  • IDとパスワードだけで電子申告できるのは、あくまで暫定的な措置とされているため、いずれ使用できなくなる可能性も。

マイナンバーカード方式もID・パスワード方式も、それぞれにメリットとデメリットがありますが、マイナンバーカード方式だと役所、ID・パスワード方式だと税務署に行かないといけないので、事前準備の手間などは個人的にはあまり大差はないように感じました。

ただ、e-Tax自体のメリットとして、自宅から24時間いつでも申告できる簡単さ、気軽さはあります。
また、e-Taxなら還付金を早く受け取ることもできるんだそう。

「マイナンバーカードやICカードリーダライタは、ほとんど使わなそうだから、とりあえずID・パスワード方式にしよう」というのもいいのではないでしょうか。
そのうちにマイナンバーカード対応のスマートフォンなどが普及して、ICカードリーダライタを購入しなくてもよくなるかもしれませんし。

ですが、ID・パスワード方式は、おおむね3年間の暫定措置で、国税庁推奨はあくまでもマイナンバーカード方式。
早めにマイナンバーカード方式導入を検討しておくのもいいと思います!

というのも、個人事業主としてとても気になる部分なのですが、平成30年度税制改正で青色申告の特別控除額が変わるのです。
2020年分以降の個人事業主の所得税の確定申告では、e-Taxで確定申告をするか電磁的記録の保存等をしないで、紙ベースで確定申告をすると青色申告特別控除の上限額が、65万円控除ではなく55万円になってしまうんだとか......。
青色申告で65万円控除を引き続き受けるには、今からe-Taxができるようにしておけば安心ですね。

【関連記事】
【平成30年度税制改正】青色申告特別控除65万円が見直しに!個人事業主は減税になるの?!

まとめ

e-Taxがちゃんと使いこなせるのかどうか最初は自信がなく、いろいろ調べながらの初挑戦でした。

特にID・パスワード方式は、マイナンバーカードの取得やICカードリーダライタの購入という手間を省けるので、面倒くさがりの筆者でも取り組みやすい方式だったと感じます。

また、e-Taxは自宅でいつでも好きな時間に申告ができますし、税務署までの交通費や申告書の郵送代もかからなくなるので、思いきってe-Taxにしてよかった!と思いました。

初心者でも簡単にネットで確定申告が行えるe-Tax。
準備はちょっと大変なところもありまますが、興味のある方は自分に合った方法で、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

【参考】
国税電子申告・納税システム(イータックス)
国税庁 確定申告書等作成コーナー

【関連記事】
e-Tax(電子申告)で確定申告をする方法【平成31年1月から簡便化!】
平成30年分確定申告の変更点は?配偶者控除の範囲拡充、e-Taxの利便化などポイントを税理士が徹底解説!

photo:Getty Images

  • 青色申告オンライン
  • 白色申告オンライン
  • 【PR】 1分でキレイな請求書を作成 「Misoca」 -今すぐ無料でお試し-
  • マイナンバーも年末調整も弥生給与
  • 会計オンライン
  • 確定申告まとめ

閉じる

【PR】 1分でキレイな請求書を作成 「Misoca」 -今すぐ無料でお試し- 白色申告オンライン 青色申告オンライン 会計オンライン 弥生給与

この記事の執筆者

矢郷真裕子
矢郷真裕子

編集者・ライター。出版社勤務を経てフリーランスに。手がけてきた分野はエンターテインメント(お笑い・音楽)、グルメ、衣料(ファッション)、児童、占い、街ブラ、ライトノベルなど。

この執筆者の他の記事を見る